ガス缶カバーでキャンプの夜をオシャレにドレスアップしよう

バーナーやランタンなどでガス系のギアを導入すると、必然的にガスカートリッジを使うことになります。

実際、キャンプでガス系のギアを全く使わないというのはなかなか無いんじゃないかと思います。

となるとガスカートリッジはチラホラと視界の中に入り込んでくるわけですが、いかにもな外装デザインが視界の妨げとなるんですよね。

ガスカートリッジカバー

tomotechさん(@tomotech54)がシェアした投稿


ガスカートリッジカバーは、取り付けが簡単で豊富なバリエーションがリリースされているので、気軽に楽しめるカスタマイズのひとつです。

ガスカートリッジのタイプについて、おさらいしておきましょう。

ガスカートリッジにはCB缶とOD缶という2種類があり、それぞれ大きさがいくつかあります。

今日のお題はバーナー、そう、失礼ながら、私が不要と思っていたバーナー様です。 以前、焚き火の記事で、火は焚...

CB缶のカバーは形的にそれほど複雑でないため、凝ったものでなければわりと簡単に作れます。

我が家でも妻が作ってくれたものを使っています。

CB缶の外装のデザインが「イケテナイ」と言い続けて、今にも市販のそこそこ良いお値段のカバーを買ってしまい...

ただ、OD缶のカバーは上部がラウンド状になっていることもあり素人にはちょっと難しそうです。

OD缶カバーを作ってもらった

そこで、革製品を扱う会社に勤めていて自らもレザークラフトをしている友人に頼んで作ってもらうことにしました。

250サイズのカバーは既に市販のものを購入していたので、今回はトゥピケの燃料で使っている500サイズを依頼しました。

サッカー日本代表の世代交代は進んでいるようないないようなはっきりしない状況ですが、我が家のツーバーナーは早くも世...

まずは1作目ということで、装飾などは特に無いシンプルなカバーにしました。

ちなみにこちらは1stサンプルです。

すでに型を作ってあるので同じタイプであれば量産可能です。

気分転換に何種類か作っておこうかな。

制作風景です。

自分でやるのは大変そうだな、、。(^^;;

オススメのブランド一覧

ガスカートリッジカバーはレザーやファブリックで自作できることもあり、大手メーカーより小規模のガレージブランドや個人の方による作品が主流です。

ただ、少量生産のため入手が難しいものもあるので欲しいものは入荷したら直ちにオーダーしましょう。

各ブランドの公式インスタグラムやフェイスブックで入荷がお知らせされる場合もあるので、欲しいものがある時はそのメーカーの公式アカウントをフォローしておくことをオススメします。

tent-Mark DESIGNS

お馴染みWILD-1のプライベートブランドのテンマクデザインでは、スチール製のガスカバーをリリースしています。

テンマクデザインの商品開発は「今のニーズを具現化するもの」「これからのニーズを生み出すもの」の二つです。この二つの開発コンセプトをバランスよくそして皆様が想像する以上の商品を適正な価格でお届けしていきたいと考えております。

What will be will be

tomotechさん(@tomotech54)がシェアした投稿

レザーを中心にファブリックもあわせたプロダクトを展開しています。

飾り過ぎないシンプルなデザインがオシャレです。

天然皮革と天然木素材を中心としたアウトドア・キャンプアイテム。

Pinoworks

レザーのカバー系を中心に取り扱うガレージブランド。

明るく柔らかなカラーやデザインが特徴です

大好きなキャンプを大好きな道具で… pinoworksでは、お気に入りのキャンプギアを自分らしく演出できるようなアイテムや、こんなものがあったらなぁ、というものをご提案させていただきます。

neru design works

栃木レザーを使用したガスカバーの他にもグリップをひとつひとつ手作業で削り出した斧など、男気を感じるギアを扱っています。

MOUNTAIN RESEARCH

tomotechさん(@tomotech54)がシェアした投稿

山好きにはよく知られた人気のアウトドアブランドです。

エッジが効いた個性的なデザインが特徴のカバーを展開しています。

ciia

上品な木製のカバーを扱っています。

木製は珍しいですね。

木目の違いで1点1点異なる風合いを楽しめそうです。

木のOD缶カバー

ガス系のギアをご利用の際にはぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ではまた。

Have a good camp.

スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ
ページ下レスポンシブ
スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ