虫捕り機能付きのLEDランタン MOSKEE(モスキー)を使ってみた

夏のキャンプにはつきものの「虫」。

基本的な虫対策として、虫除けスプレーやキャンドル、蚊取り線香などがありますが、虫を捕獲できるLEDランタンなるものの存在を知ったので、どのぐらいの効果があるのか検証してみることにしました。

MOSKEEランタン

我が家が使っているのは暖色系ライトのタイプです。

白色系ライトのタイプもあります。

大きさは350ml缶と同じぐらいです。

中心に巻き付いているワイヤーのところで虫を捕獲するわけですね。

為にならないプチ情報ですが、ライトを覆っている白いカバーは柔らかくプニプニしているので触ると気持ち良いです。笑

左が通常ライトのスイッチで、押すたびに弱→中→強と明るさが変わります。

右側のスイッチが虫捕りライトのスイッチです。

充電用のUSBケーブルを差し込むところです。

IPX6の防水性能なので急な雨に降られて濡れても全く問題ありません。

ライトの明るさ

1番暗いモードです。

1番明るいモードです。

うん、同時に点けないとわかりづらいな、、。(^^;;

室内で撮り直してみました。

上がで、下がです。

結局それほどはっきりした違いは確認できなかったですが、下の方が気持ち明るいです。

明るさのスペックは、

明るさ 点灯時間
30ルーメン 14時間
90ルーメン 8時間
180ルーメン 4時間

です。

刺すような光ではなく、白いカバーの効果でやんわりした灯りです。

強でもそこまで明るくは無いので、メインにするにはちょっと物足りない感じです。

しかも強だと4時間しか保たないので、冬場だと一晩寝るまでの間すら点けていられないですね。

充電時間は3時間です。

充電式のLEDランタンは乾電池のストックが不要なので余計な荷物を減らせる利点があります。

虫捕りライトの効果は?

虫を誘う怪しげなブルーの紫外線ライトが光っています。

すでに虫が付いてますね。

翌日になって見てみたら、けっこう捕獲できていました。

全然取れていない、という不甲斐ない結果にならずに良かったですが、逆に思っていた以上に取れていて、ちょっと引きました、、。

ちなみに蚊だけじゃなくてわりと色んな虫が捕獲されてました。

くつろぎスペースから少し離して両側に設置しておけば、けっこう引き寄せて捕獲してくれるんじゃないかな、という期待感はあります。

虫の掃除は、付属のブラシで地道に取り除くという方法です。

たしかに効果はあるけど、虫が付いたまま自宅に持ち帰るのは抵抗があり、毎回撤収時に掃除するのはちょっと手間かもしれません。

ではまた。

Have a good camp.

スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ
ページ下レスポンシブ
スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ