湯沸かし、軽食向けコンパクトなキャンプ用シングルバーナー比較

今日のお題はバーナー、そう、失礼ながら、私が不要と思っていたバーナー様です。

以前、焚き火の記事で、火は焚き火だけで事足りると思っていた、と申し上げましたが、、、なんと傲慢だったことでしょう。

ある時、朝に飲むコーヒー周りをどうするか考えていたら、ふと気づいたんです。

「お湯、、、、どうやって沸かす???」

もうね、浅はかでした。(^^;;

朝起きて、そこからまた火を起こすのか?

目覚めのコーヒーが飲みたいのに??

前置きが長くなりましたが、目的にあわせたバーナー選びを進めていきましょう。。

燃料の違いを知っておく

燃料のガスには二種類あります。

ひとつはCB缶と言われるもので、家庭用のカセットコンロなどでも使用されるものです。

こんな感じ。

もうひとつはOD缶と言われるものでして、アウトドアメーカーから出されているアウトドアギア専用のガスです。

OD缶はこちら。

なんかそれっぽさ出てますよね。

ちなみにオシャレなOD缶をさらにオシャレに演出する専用カバーも出てたりなんかします。

これらは、燃料のガスの構成が異なっており、そのため性能にも違いがあるようです。

それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

CB缶

〈メリット〉

価格が安い
どこでも買える

〈デメリット〉

低温でのパフォーマンスが下がる

OD缶

〈メリット〉

高火力
低温でも安定したパフォーマンス
なんかオシャレ感

〈デメリット〉

価格が高い
専門店などでしか買えない

バーナーとしての性能という意味では、OD缶に分があるようですね。

ただ、我が家はド初心者のファミリーキャンパーですから、まだ冬キャンプをやる気もやれる余裕も無いので、そこまで悩まずに好きなのを選んでいいのかな、と。

とにかくコンパクトなシングルバーナー

調べていくと驚くのは、バーナーに限らず、調理関係のギアはものすごく豊富にあります。

お湯をあっためてカップ麺で済ませるパターンから、燻製をしてみたりピザを焼いてみたりと本格的なパターンまで調理方法も幅があるので、腕とやる気に見合ったものを適切に選んでいくのが賢いバーナー選びかな、と。

我が家のとりあえずの目的は、「コーヒーを飲むためにお湯を沸かしたい」だったこともあり、そこまで高スペックなものは求めていなかったので、小型のシングルバーナーを中心に比較していきました。

ユニフレーム / ミニバーナー US-700

CB缶

独自の形状が特徴のユニフレームのコンパクトバーナーです。

ガスを横から刺して使うタイプで、それにより接地面積が広がり見た目よりは安定します。

ただ、本気料理は考えない方が無難だと思います。

プリムス / 153ウルトラバーナー

OD缶

アウトドア用コンパクトバーナーの定番スタイルですね。鍋を支える羽(ゴトク)をパタパタとたたんで小さくなります、かなり。

形状から分かる通り、安定感は少し足りないので、できる調理の幅は限られます。「調理」と言うより「加熱」ですかね。

キャンプというより登山向けなんじゃないでしょうか。

8,500円〜10,000円前後で購入できます。

ソト / レギュレーターストーブ ST-310

CB缶

こちらも横からガスを刺すタイプで、ゴトクがしっかりしてるので重さがある鍋もいけて、オプションで風防を取り付けることができます。

そしてCB缶にも関わらず、寒さに強く安定した火力を出せるスグレモノ。さすが、火器専門のメーカーですね。

スノーピーク / ヤエンストーブ レギ

OD缶

スノーピークからは色々なタイプのバーナーが出ているんですが、どちらかと言うとこのヤエンストーブレギは、登山者とか釣り人とかソロキャンパーとか、玄人用途向けに思います。説明を見る限り。

ではなんでファミリーキャンパーごときが気になったかと言うと、単にデザインがカッコいいから。なんかスタイリッシュじゃないですか、アルパ・アジールみたいで。(ガンダムネタ)(^^;;

不整地での使用にも対応していて、形状的な安定感もあるので、コンパクトバーナーとしては充分すぎるスペックなんじゃないかと思います。

しっかり料理できそうなシングルバーナー

ユニフレーム / テーブルトップバーナー US-D

CB缶

ユニフレームの本格料理向けバーナー。低重心で頑丈なゴトクのため、ダッチオーブンもラクラク載せられます。カセットガスで50分程度使用可能。3,900kcalと高火力です。

スノーピーク / ギガパワープレートバーナーLI

OD缶

スーパーおしゃれなOD缶バージョンのカセットコンロですね、ハイ。スノーピークはとことんオシャレなので参りますね。。

収納時は足を折りたためます。

イワタニ / カセットフー マーベラスⅡ

CB缶

ザ・カセットコンロアウトドア版です。

フタが風防になっていたり、フタを閉めてそのまま持ち運びスタイルになったり、とても合理的に考えられていますね。

ソト / シングルバーナー ST

CB缶

ユニフレームのテーブルトップバーナーと同様に、本格料理に対応できます。

風防付きで屋外でも安定した火力を実現しています。

すごく欲しい。。

カセットガスジュニアコンパクトバーナーの特徴

そして買ったのはこちら。

イワタニのカセットガスジュニアコンパクトバーナー。

一番の特徴はその価格で、サイトにもよりますが概ね3,500円以下と圧倒的にリーズナブルです。燃料はカセットガス(CB缶)なのでランニングコストも安く収まります。

ただ、使える鍋の大きさが鍋底16cmまでとなってますので、料理をしようとすると使える鍋のサイズなどにより、できることは限られてしまいますね。

たたんだ状態の図。握りこぶしぐらいの大きさですかね。本体重量は274gと見た目からわかる通りとても軽いです。

連続使用時間は120分となっています。

専用のハードケースに入っています。収納も便利。

華奢な作りなので、安定感が足りないように見えますが、使用時は写真のように燃料のガス缶でガシっと支えられますので、ちょっとやそっとでは揺れ動きません。

まとめ

CB缶のガスはホームセンターやスーパー、コンビニでも売っている一般のものでも使えるようですが、原則的には各メーカー自社製品を推奨しています。

また、燃料の種類が異なっていると、片方が無くなったからと言って、他のストックを使うことはできません。

それを踏まえると、ガスを使うギアはメーカーを統一した方が、予備の燃料のストックがしやすくなり、荷物を減らすことができます。

別の店で分けて購入するのも手間ですよね。

バーナーの他にもランタンでもガスを使うものがありますので、まとめて考えると無駄なく揃えることができると思います。

とか言いつつ、我が家はバーナーとランタンで別メーカーのものを選んでしまいました。。

ではまた。

Have a good camp.

スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ
ページ下レスポンシブ
スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ