猛暑でも暑すぎない浅間パークフィールドで2泊3日の高原避暑キャンプ

7月になり例年より早く梅雨が明けた関東は、連日うだるような暑さが続いています、、。

我が家では、夏場は暑さを避けるために高原キャンプが標準となりつつあります。

できれば1,000mは越えたいですね。

ということで、7月の3連休は北軽井沢にあるフリーサイト、ASAMAパークフィールドに行ってきました。

猛暑日で軽井沢でも最高30度を上回る気温でけっこう暑かったんですが、東京や埼玉の平地が36〜7度だったのと比べるとはるかにマシですね。

特に日中は暑くなっても朝晩は涼しくなるので、快適に眠れるのが高地の良いところです。

ASAMAパークフィールド

ASAMAパークフィールドは群馬県の北軽井沢にある町営施設「浅間園」の隣にあります。


上信越自動車道の碓氷軽井沢ICから約1時間、または関越自動車道の渋川・伊香保ICから約1時間半のところにあります。

夏の連休や夏休み期間は、軽井沢の街中は道が混んで渋滞するので、そういう時は関越道から向かった方が早そうです。

小学生以上は一泊1,500円です。

それに車が2,000円加算されるので、子供が成長すると、ちょっと割高ですね。

チェックインは13時、チェックアウトは12時で、チェックアウト時間は余裕があります。

チェックイン時に大きなゴミ袋がもらえて、燃えるゴミとプラとペットボトルは全てまとめて入れられます。

ビンとカンは分けて捨てます。

高地なので天気が変わりやすく、急な雨に降られることがあります。

今回のキャンプでも、30分ほど強い夕立に降られました。

雨具は忘れずに持っていきましょう。

浅間山の北麓にある雄大な自然公園「長野原町営浅間園」、キャンプ場のご案内。

場内の施設

施設と言っても、あるのは管理棟と炊事場とトイレ・シャワー棟だけです。

炭と薪は受付で500円で買えます。

友人が受付で買って飲んでいたビール。

受付の方はみなさんフレンドリーで、とても気持ちの良い対応でした。

炊事場は受付の裏手にあり、2カ所ほどお湯が出る蛇口があります。

ゴミ捨て場は炊事場の脇です。

写真、忘れました、、。

トイレはスリッパに履き替えるスタイルです。

チェックイン直後なのでとても綺麗です。

最近リフォームしたばかりだとか。

男性用には個室が2つ、女性用は4つです。

洋式トイレです。

リフォーム前は和式だったそうで、リフォーム直後でラッキーでした。

キャンプ場が混んでいたからか、男性用の2つというのはちょっと少ないようで待っているところをチラホラ見かけました。

余裕を持って行きましょう。

シャワーは3つあり、とてもありがたいことに無料で使い放題ですが、待っている人がいる時はマナーは守りましょう。

石鹸やシャンプーなどはありません。

サイトの様子

サイトは林間サイトとひらけたフリーサイトの2種類あり、好きな方を選べます。

ウッドデッキサイトと直火サイトというのもありますが、別料金です。

林間サイト

林間サイトの様子です。

木々の合間を縫ってテントを張ります。

木陰で涼しそうですが、区画がそれほど広くないので大きいテントは張るのが厳しく、フラットを確保するのが難しそうです。

オートサイトなので車は横付けできます。

今回は3グループのキャンプで、林間サイトでは離れ離れになってしまうので諦めました。

フリーサイト

気持ちよくひらけたフリーサイトです。

それほど広くはなく、成田ゆめ牧場のGサイトと同じぐらいでしょうか。

成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場は、その名からわかる通り、千葉県の成田ゆめ牧場の一角にあるキャンプ...

チェックイン30分前に着きましたが、時間厳守で13時まで受付前で待ちました。

写真の通り、すでに外周側は埋まっている状態で、アーリーチェックインの方がけっこういたようです。

アーリーチェックイン、できたんですね。(^^;;

海の日の3連休ということもあり、かなり混み合いました。

サイトの目の前は道路で、日中はけっこう車が通りますが、夜はたまに通る程度です。

3グループでチェックイン時間がズレてしまったので、設営場所を確保しやすい奥の角地を選びました。

トイレまでは遠く2分ほどかかりますが、プライベート感があって良い場所でしたよ。

奥の方に溶岩でできた鬼押し出しが見えます。

目の前には浅間山がそびえ立っています。

地面はところどころ土がむき出しになっていますが、大半は芝に覆われています。

硬さがあり、場所によっては石に当たるので、鍛造ペグ推奨です。

エリステをもってしても打ち込めないところがありました。(>_<)

ついに待望のペグハンマーを買ってしまいました。 ユニフレームのREVOハンマーの発売を待ってから最...

キャンプでバースデー

友人の子が2歳の誕生日だったので各々持ち寄ったオーナメントでサイトをデコレーションしてキャンプ場で誕生日会をしました。

(あと7月生まれの奥様方の誕生日会も兼ねて。)

恒例のグルキャンメンバーで子供たちも親しいので仲良く気ままに遊んでいます。

キャンプでの過ごし方も慣れたものです。

スノーピークのパイルドライバーはピニャータを吊るのにも使えます。(^^;;

そろそろキャンプが楽しめるようになってきたかな??

ケーキに群がる子供たち。

北軽井沢のケーキ屋さんといえばここ、カフェドフルミエールです。

北軽井沢の通年営業パティスリー Café de Fourmiliére 四季折々のケーキをお楽しみください

近隣施設の紹介

軽井沢はリゾート地なので色々と遊べる施設は充実してますが、近場で特にファミリー向けの施設をご紹介します。

星野温泉トンボの湯

まずはお風呂から。

ASAMAパークフィールドはシャワーのみなので、お風呂に入りたい場合は星野リゾート系列のトンボの湯がオススメです。

空いていれば20分ほどです。


浅間牧場

キャンプ場から5分足らずで着きます。

小動物に餌やりができて、馬にも乗れます。

濃厚なソフトクリームが絶品です。

浅間牧場の入り口脇にある、そば処みのりも天ぷらが美味しくておすすめです。

お蕎麦の量が多いので、2人で1人前ぐらいでも充分かもしれません。


軽井沢おもちゃ王国

ここもキャンプ場から10分程度です。

キャンプを始める前に何度か行ったことがありますが、ちびっ子にとっては天国なところです。(^^;;

小さい子でも制限が無い乗り物が充実しています。


都心からはけっこう距離があるので、せっかく軽井沢に行くからには2泊以上でゆっくり楽しむことをおすすめします。

ではまた。

Have a good camp.

スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ
ページ下レスポンシブ
スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ