基礎知識

ギア選びの基礎知識

タープやテントのサイズの参考にギアをレイアウトしてみた

キャンプにおいて、面積を把握するというのはけっこう大事なことだと思います。 区画サイトの場合は広さが決まってますし、タープやテントのサイズも人数とギアによってどのぐらいの広さが必要かによりますし。 ...
幕全般

1年経って2ルームテントがいかにファミリー向けか実感した話

ギアを買い始めてから約1年、初めてのキャンプに行ってから9ヶ月ほど経ちまして、ひとまず日常的な環境下でのキャンプはだいたい経験することができました。 もちろんまだまだ未体験な部分の方が多いですが、関東圏でファミリーキャンプレベルで年間...
キャンプの基礎知識

ニーモのヘキサライト6Pで冬キャンプのシェルター効果を体感

テントの外で過ごす際、夏場は日除けや雨除けとして大いに活躍してくれたオープンタープですが、寒くなってくると位置付けがちょっと変わってきました。 冬場に考えなければいけないのは日除けではなく、風除けだったんです。 オープン...
スポンサーリンク
ギア選びの基礎知識

キャンプの子供用チェアに適しているのはベンチな気がしてきた

我が家の子供達は、こんな感じのギフトでもらったペアのチビチェアを使ってまして、まぁコレはコレでフィットしていて悪くないです。 完璧にイスとしての役割を果たしてくれています。 ただ、これまでのキャンプで、友人のベン...
幕全般

テントの違いによるストーブの効き具合を検証したら驚きの結果だった

我が家には2人のちびっ子がいます。 上は5歳で下は2歳です。 ちびっ子あるあるですが、2人とも寝ている時は布団なんてあってないようなものです。 寒さに対しては寝袋でなんとかしようと試みていますが、たまに寝袋...
ギア選びの基礎知識

冬キャンプの暖房設備導入に向けて灯油ストーブのスペックを比較してみた

寒さが厳しくなってきた10月の下旬、まだ年末にかけて何回かキャンプの予定があることを考えると、手元の暖房設備では心許なく、夜も眠れなくなってきました。(>_<) 薪ストーブの存在がたびたび頭をよぎるも、まだ...
キャンプの基礎知識

バウルーでキャンプの朝の定番メニュー「ホットサンド」を作ろう

キャンプ二日目の朝はチェックアウトに向けてギアやテントの後片付けがあるのでバタバタしがちです。 とはいえせっかく家族で出かけているので、簡単にでもいいのでみんな揃って食事をしながら団らんを楽しみたいですよね。 ...
キャンプの基礎知識

手持ちの靴にキャンプ向けのものが無いのでそれらしいスニーカーを探してみた

普通にまったりファミリーキャンプをするぐらいであれば、暖かい季節はゆるゆるとサンダルで過ごすことができますが、流石に秋冬ともなるとそうも言ってられません。 となると当然のごとく靴を履くことになるんですが、アウトドア向き...
ギア選びの基礎知識

日に日に増えるキャンプギアを積み込むためにルーフボックスを導入してみた

何度かキャンプに行ったものの、まだまだ積み込みは見直すところが多く、毎度、四苦八苦しています。 ギアが増えたことで噛み合わせが悪くなってまた考え直す必要があったり、子供の遊び道具を持って行くためのスペースが足りなかった...
キャンプの基礎知識

キャンプの夜のトイレの強い味方!ヘッドライトで足元を明るく照らそう

キャンプ場は明かりが無いため、陽が落ちるとあたりは真っ暗になります。 サイトの周りはランタンで照らされていますが、ちょっと離れたトイレに行く時などは暗闇の中を行かなくてはいけないので、足元が見えずにロープに引っ掛かった...
キャンプの基礎知識

肌寒い季節のキャンプにはペンドルトンのタオルブランケットのご用意を

ブランケットは気軽に暖を取ることができる手段のひとつです。 軽く羽織ってみたり、座って膝に掛けたり、寝る時にくるまったり、用途は様々なので、持っておけば何かしら役に立ちます。 特に気温の変化が激しい春秋のキャンプでは急な冷え...
ギア選びの基礎知識

キャンプ初心者必見!見落としがちなあると便利なギア・小道具たち

「よし!キャンプにいくぞ!」と思った時に、テントやチェア、テーブル、クーラーボックスなど、メイン系のギアは忘れずに揃えるんですが、サブ系のギアや小道具はわりと忘れられがちです。 ただ、そういったものの中には、持っている...
キャンプの基礎知識

涼しい季節のキャンプではユニフレームのガスヒーターで気軽に暖をとる

春秋は日中は暖かくなっても日が落ちると途端に涼しくなったり寒くなったりします。 日々の気温の変化も大きいので、寒暖への備えが必要になります。 使うかどうかわからないギアを持っていくのは、限られた車載スペースなどのことを考...
ギア選びの基礎知識

細口ケトルがあるとコーヒーは味わいだけでなく見た目も優雅に楽しめる

アウトドアメーカーのケトルは、収納などの利便性を考慮してだいたい胴体の上の方からチョロっとヒヨコの口が出たような形状をしています。 ただその形だと、注ぐ湯量のコントロールが難しくドバッと出てしまったりするので、そ〜っと注ぎたい...
ギア選びの基礎知識

ヘリノックスはチェアだけじゃない!ハイスペックなコットにも注目!

さてさて、キャンプにハマり始めてから一年ほど経ちましたが、まだまだ初心者キャンパーの域を出ておりませんので、未体験のギアは色々あります。 コットはそのひとつで、寝るだけにしてはずいぶん大掛かりな代物だな、と思っ...
ギア選びの基礎知識

あると便利な軽量で持ち運びやすいキャンプ用のローチェアラインナップ

実際にキャンプをこなしていくと、もちろんまだ持っていないギアに対して、アレあったらな、というのは当然ありますが、持っているものについても色々と気がつくことがあるので、少しずつ、今後のキャンプに活かしていきたいと思います。 ...
ギア選びの基礎知識

ひたひたと忍び寄る加圧式ランタンの誘惑に抗えず検証をはじめてしまった話

コレは上級者向けなんだと決め込んで、見て見ぬ振りをしてきた加圧式ランタンですが、キャンプを語るには何事も知っておかねばというこじつけをして、気になってしょうがない加圧式ランタンを調べてみました。(^^;; ガソリンランタンの種類 一般的...
ギア選びの基礎知識

ランタンハンガーを活用してキャンプ上手になろう

我が家ではタープの購入を後回しにしていたので、それに伴ってタープポールを活用したレイアウトや、ギアの導入もできていませんでした。 まぁそれでもそんなに困らないかな〜と甘く見ていたんですが、タープポールを使ってできること...
幕全般

雨天対応できて夏キャンプでも快適な通気性の良いテントを本気で検討してみる

我が家のキャンバスキャンプのSibleyは100%コットンのテントです。 雨天でもよほどのことが無い限り雨漏りはしないそうなんですが、元々重いものが水を含んで持ち上げられないほど重くなったり、車載時にビチョビチョになっ...
幕全般

コスパ良好の低価格テントで気軽にキャンプを始めよう

キャンプを始めようとすると、アレもコレもと必要なギアが多いため、全て揃えようとすると、なかなかの金額がかかってしまいます。 会社の後輩Aがキャンプに興味がありそうなんですが、何かと出費がかさむ時期で予算的に余裕が無いと...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました