日に日に増えるキャンプギアを積み込むためにルーフボックスを導入してみた

何度かキャンプに行ったものの、まだまだ積み込みは見直すところが多く、毎度、四苦八苦しています。

ギアが増えたことで噛み合わせが悪くなってまた考え直す必要があったり、子供の遊び道具を持って行くためのスペースが足りなかったりと、課題はたくさんあります。(^^;;

そんな悩みを一発で解決するために積載量そのものを増やすという力技を発動することにしました。

ルーフボックスって?

ルーフボックスは、クルマの上に乗っかっているケースのようなもののことです。

あの中に色々詰め込むことができるわけですね。

友人とスノーボードに行く時に、板やブーツを入れるのに使ったことがありますが、要は入りさえすればなんでも入れられるので、深く考えずにポイポイっと入れられて、とてもラクチンだった印象があります。

ボックスタイプであれば雨が降ったりしても中のものには影響が無いので、寝袋のような濡れると困るものでも入れられるのが便利ですね。

ちなみに積載量が決まっているので、あまり重いものは載せられません。

積載量はメーカーや種類によって異なります。

位置的にあまり重いものが載っていると運転が不安定になりそうですしね。

中身を入れた後は、フタを閉じてロックします。

これにより不意にフタが開くのを防ぎ、中身の盗難防止にもなります。

ルーフボックスはサイズや形の種類が多く、価格帯も幅広いので、用途や容量に合わせて最適なものを選ぶ方が、色々な点で合理的だと思います。

ルーフボックスを取り付けるには?

ルーフボックスを取り付けるには、先にルーフキャリアを作る必要があります。

ルーフキャリアはクルマに取り付けるための金具のようなアタッチメントと、2本のバーで構成されます。

左右にアタッチメントを装着してバーを取り付けるのを前後2セット組みます。

ボックスを載せる土台のようなものですね。

車種によって取り付けられるアタッチメントが異なるので、マイカーに適合しているかあらかじめよくチェックしましょう。

バーの種類もいくつかあり、ボックス以外のもの、例えば自転車やカヤックなどを載せる場合は、適したものとそうでないものがあるようなので、そういった用途を考えている場合は確認してから選びましょう。

アタッチメント、バー、ボックスは、同じメーカーのものが推奨になっています。

ルーフボックス選びの目線

大きさ・形は?

ルーフボックスは形状的に、薄いもの、長いものを入れるのに適しています。

ゴツいもの、は苦手です。

ポール系や折り畳んだハイバックチェア、丸めて筒状になったマットなどは噛み合わせがいいですね。

クーラーボックスやコンテナなどは向きません。

サイズを大きくすれば単純に容量は増えますが、入れるものが無くてスカスカになっても意味が無いので、入れたいものの容量に合わせたサイズを選んだ方が良いと思います。

具体的にどのぐらいの容量でどのぐらい入れられたのかは後述します。

車高は?

セダンなどのもともと車高が低いクルマは、ボックスを載せてもワンボックスなどと同等ぐらいの高さになる程度なので、それほど高さを気にしなくても問題無いと思います。

ワンボックスやSUVなど、車高が180cmぐらいある場合はボックスを載せると230〜240cmぐらいになり、立体駐車場の高さ制限を越える場合があるようです。

最近の立体駐車場であればそれなりに高さがあるようですが、よく利用するところの高さを把握した上で、支障があるようなら、薄いタイプのボックスを選ぶなどで調節しましょう。

取り付けて帰ってみたら自宅の駐車スペースに入らない、というようなことは避けたいですね。(^^;;

使い勝手は?

樹脂製のハードタイプの他にバッグのようなソフトタイプもあります。

使わない時に外して室内に置いたりする場合は、その方が場所を取らずに済みそうですね。

ハードタイプは横からフタを開くのが基本ですが、両側から開けられるものと片側しか開かないものがあります。

駐車している向きや積み込む方向との兼ね合いがあるので、どのように積み込むかをシミュレーションしておくと、適したタイプを選ぶことができます。

具体的な例としては、自宅の駐車スペースに停めた時に、左側は壁が近くて積み込めないのに左側から開けるタイプだった、などの失敗例はあり得そうなパターンですね。

キャンプにおける積み込み、荷下ろしという要素はそれなりに大きな割合を占めていると思うので、できるだけ効率的になるようにしておくと、毎回の負担が軽減すると思います。

運転への影響は?

そもそも普段からそこまで走りの性能を意識して走っているわけでもないので、個人の印象としてはなんら変わりが無いように思います。

人によっては空気抵抗に影響を感じたりするようです。

ボックスを下ろしてルーフバーだけを付けた状態で走る機会があったのですが、走行中に40kmぐらいから風切り音がすることに気づきました。

その時はそのまま高速も走りましたが、まぁ音は鳴っているものの、特に運転には支障は感じなかったので、音さえ気にしなければ問題は無いんじゃないかと思います。

あるいは、我が家のバーはベーシックなスクエアタイプのバーなので空気抵抗が大きそうですが、流線形になっているタイプのバーもあるので、その方が音も小さくなるかもしれませんね。

ルーフボックスに入る量

我が家が導入したのは、THULE(スーリー)Touring Sportです。

スウェーデンのメーカーです。

長さ190×幅63cm×高さ39cm、容積300L、積載重量50kgで、同タイプの中では容積は小さいですが、細長く高さが抑えられています。

見た目はこんな感じで、後部座席のドアを開けてステップに乗って積み込みます。

後ろから見た図。

中にはこのぐらいのものを入れることができます。

・キャンプマニアプロダクツ/ウッドポール2本

・ケルティ/アジャスタブルポール2本

・MSR/アジャスタブルポール2本

・グランドシートとして使っているブルーシート

・子供用チェア2脚

・キャンプオンパレード/4×4mタープ

・スノーピーク/Takeチェアロング

・アディロンダック/キャンパーズチェア

・コールマン/寝袋2つ

・ハイランダー/インフレーターマットシングルとダブル

・ヘリノックス/コット

・ヘリノックス/コットレッグ

長物を中心にトランクだと安定感を保ちにくいものを積んでいます。

細かくてコンテナに入れた方が良いものを除いて、最低限必要なチェア系と寝具系は全て入れられます。

並べてみるとこんなにたくさん。

けっこう入るんですよね〜。

この固定するためのロックがちょっと邪魔なところにあるんですよね。。

まぁ工具無しで簡単取り付けできるのでそこはしょうがないところです。

Touringには全部で5つのバリエーションがあります。

長さ 高さ 容量
Sport 190cm 63cm 39cm 300L
S 139cm 90cm 40cm 330L
M 175cm 82cm 45cm 400L
L 196cm 78cm 43cm 420L
Alpine 232cm 70cm 42cm 430L

ルーフボックスのおかげで車内はだいぶゆとりができ、今まで見えなかったバックミラーも見えるようになったので、結果的に安全性の向上にも繋がりました。

ビフォーアフター

ルーフボックスを付ける前と付けた後の積み込み具合の違いをご覧ください。

ビフォー

これは初めての汚い積み込みですね。

この時はまだタープもコットもジャグも無く、チェアも今は3脚ですがこの時はカーミットチェアを持っていません。

ランタンも3つしか持って行って無いですね。

とにかくキャンバスキャンプが場所を取ってます。

そして、イエティは助手席に積んでます。

こんな感じに。

そして助手席の足元には火消し壺やガスヒーターを積んで、二列目の足元には着替えを入れたバッグを積んでありました。

子供はチャイルドシートで足が届かないので支障は無いですが、乗り降りが不便で、妻は足元に荷物があるので体育座りのようになるか、前方座席の肘掛けに足を伸ばしてくつろぐかのどっちかでした。(^^;;

この時は積み方がスッキリしてまだ後方視界が確保されてますが、クーラーボックスはやはり助手席で、足元にも色々積まれています。

所有ギアは前回とさほど変わらない感じです。

この時はもうパンパンですね。

だいたい今使っているものを全て持っている状態なのでフル積載です。

この時はテントがサブのドックドームだったので、かろうじて収まっている感じです。

クーラーボックスは相変わらず助手席です。

アフター

そしてルーフボックス導入後です。

まずはボックスの中です。

グループキャンプでタープが要らなかったので、だいぶ余裕を持って積んでます。

代わりにパイルドライバーが追加になってます。

トランクはこんな感じになりました。

やっとクーラーボックスがトランクに来ました。

後部座席の足元もリュックぐらいの大きさのバッグがひとつだけです。

手前に余裕があり、奥行が浅くなっています。

後方視界が若干確保されました。

薪と火消し壺は引き続き助手席の足元ですが、それは妻が助手席に座るようになるまで変える予定はありません。

まぁトランクだけだとそこまでインパクトのある違いは出てませんが、助手席や足元にゆとりができたのは大きな違いです。

THULE Touringの着脱

取り付けも取り外しも工具を使わずに簡単にできます。

ボックスの着脱

Touringシリーズは、重いものでも15kg程度なので持ち上げるのは簡単ですが、大きさがあるため念のため補助についてもらった方が安全かもしれません。

脚立での作業になるので足元にはご注意ください。

落としてキズが付いたり割れたりしたらガックリきますからね。(^^;;

さきほど邪魔者扱いしたコイツを締めたり緩めたりするだけです。(^^;;

締める時は、給油口のように締まりきると「キキキキッ」と音が鳴ります。

これが締まりきった時のボックス下部の留め具の状態です。

緩めると写真のように広がっていきます。

クワガタみたいですね。

前後左右の4か所にあります。

4か所とも緩めた状態で付け外しできます。

作業は2〜3分もあれば終わります。

取り付け時は傾きがないように気をつけましょう。

取り外したボックスは立てて置くことはできず平置きしなくてはいけないので、保管スペースの確保が必要になります。

ルーフキャリアの着脱

ボックスの土台となるキャリアの取り付け方法です。

我が家のクルマはルーフレールがあるのでそのパターンです。

使っているバーとアタッチメントを紹介します。

Thule Rapid System 775 - 多種多様なレールサイズに対応する、ルーフレール用ユニバーサル・フット。
Thule SquareBar - ブラックポリマー加工のクラシックなスチール製スクエアバー。2個組。

着脱方法は車種や使う器具によって異なると思うので参考程度にご覧ください。

まず最初に2本のバーの左右にアタッチメントを取り付けます。

バーの両端にはこのようにカバーが付いています。

カバーはグイッと手で引っ張ると取れます。

カバーを取るとバーとアタッチメントはモノレールのように噛み合う構造になっていて、バーの端からアタッチメントを10cmぐらい滑らせて差し込みます。

鍵穴側が外を向くようにセットします。

あとで上に載せる際に位置を調整するので大体で構いません。

これを4個取り付けます。

付属の鍵でカバーのロックを解除します。

そのまま引っ張るとカバーを取り外すことができます。

カバーには六角スパナが付いていて、金具を締める時にこのまま使います。

カバーを開けた状態です。

アタッチメントの下側にゴム製のバンドが付いていて、これをルーフレールに跨がせて固定します。

左右のアタッチメントのバンドを写真のように外した状態で、レールの上にバーを載せます。

バーの前後の位置は載せるボックスの留め具の前後の距離に合わせて、トランクオープン時にぶつからないかなどを確認しながら、バランスが良いところに配置しましょう。

バーの左右は突き出ている長さが左右同じになるようにします。

バーを載せる時や位置の確認などは二人で作業した方がやりやすくなります。

配置が決まったらバンドを引っ張りながら先端のフックを元の位置に引っ掛けます。

このフック、取り外す時は結構硬いので、何か細くて硬い棒状のもので引っ掛けながら引っ張り出します。

私は付属のスパナを使っています。

最後にカバーのスパナでナットをしっかり締めて、カバーを元に戻し、ロックをしたら完了です。

ボックス同様にキャリアの着脱も手持ちの工具は不要で、手順もさほど難しくありません。

取り付けは20分、取り外しは10分ぐらいでしょうか。

必要なのは、妻との息が合った共同作業ぐらいですかね。。

人気のルーフボックスラインナップ

前後左右対象の個性的なデザインのルーフボックス。

容量320L。

容量270Lの小型車向けのルーフボックス。

限定カラーのマットブラックが珍しいスタイリッシュなルーフボックス。

容量は360Lです。

幅広い車種に対応するスタンダードなルーフボックスです。

容量は300Lで、高さは31.5cmと抑えめです。

大容量ながら薄型の空力特性に優れたルーフボックスです。

Mで320L、Lだと430Lも入ります。

積載重量も75kgと多めです。

ルーフボックスを導入して積載量が増えたのをいいことに、さらにギアを買い足してしまわないよう注意が必要ですね、、。(^^;;

ではまた。

Have a good camp.

スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ
ページ下レスポンシブ
スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ

コメント

  1. A.バッジョ より:

    管理人様

    ブログの更新、早速にありがとうございます!

    「ビフォー」の様子、全く同様、同感です…子供達は荷物を踏み越えてチャイルドシートに行き、靴の置き場もないくらいです。
    既に購入の決心は付いておりますので、あとはメーカーとモデルの決定と、妻の…これが最大の難関です(笑)

    • aktreturn より:

      こんばんは。
      ご覧頂いたんですね、ありがとうございます。
      先にご連絡できなくてすみません。

      車内が快適になるアピールをすれば奥様もきっと理解してくださると思いますよ!
      頑張ってください!

  2. A.バッジョ より:

    管理人様

    いつも楽しく拝見、そして勉強させていただいています。ルーフボックス導入を考えていること、さらに車も同じ!だということが分かり、初コメントさせてください。
    我が家は5人家族でして、後方視界はほんの僅か、2列目足元も座面の高さまで満載です。来年度は遠方への連泊を考えており、ルーフボックスの導入を考えていますが、我が家にとっては安い買い物ではないこと、高さの問題等、なかなか踏ん切りがつきません。

    もしよろしければ、
    ・導入後の車内の様子
    ・取付、取外しの難易度
    ・家族(特に奥様…笑)の反応
    等について、もう少し教えていただけるとありがたいです。

    長文乱文、お許しください。

    • aktreturn より:

      こんにちは。
      ご覧いただきありがとうございます!

      クルマが同じなんですね!
      我が家は四人なので助手席を使えるんですが、五人だと座席が使えないので大変そうですね。(^^;;

      実は導入後まだキャンプに行けてないのでフル積載してないんです。
      10/14にキャンプに行く予定になってまして、その時であれば導入後の積載状態を撮れますので少しお待ちいただけますか?
      取り付け、取り外しも含めてより詳しい情報をお伝えできると思います。

      高さについては、取り付けてからは気にして見ていまして、2.2Mという制限がわりと多いように思います。
      それ以下もたまにはあると思いますが、2.2M以内であればさほど困ることは無さそうです。

      シャランであれば車高が175cmなので45cm未満のボックスにしておいた方が良さそうですね。

      • A.バッジョ より:

        管理人様

        返信ありがとうございます。

        来週行かれるんですね!我が家も先週行ってきました。先週秋キャンプ、最高ですよね〜。
        ルーフボックスの件、何だか、報告させてしまうようになってしまいすみません…ありがとうございます。楽しみに待っています!

        • aktreturn より:

          いえいえ、気になさらないでください。
          そういった情報収集も含めてキャンプにハマってますから。(^^;;
          来週から一ヶ月で三つ予約を詰め込んだのですごく楽しみです。笑
          お互い楽しみましょう!
          では、また情報アップデートできたらご連絡致しますね。