ひたひたと忍び寄る加圧式ランタンの誘惑に抗えず検証をはじめてしまった話

コレは上級者向けなんだと決め込んで、見て見ぬ振りをしてきた加圧式ランタンですが、キャンプを語るには何事も知っておかねばというこじつけをして、気になってしょうがない加圧式ランタンを調べてみました。(^^;;

ガソリンランタンの種類

一般的に総称としてガソリンランタンと言われますが、ガソリンランタンには主に二つの種類があります。

加圧式ランタン

出典:スター商事

加圧式ランタンは、ポンピングによって圧力を高められたタンク内の液体燃料が霧状に噴き出し、マントルが発する熱によって気化されて、燃焼し続ける仕組みになっています。

理科の授業で習ったような要素が色々組み合わさってますね。

マントルを使用するので非常に明るく輝き、メインランタンとして使用できるものもあります。

点灯するためには、燃料の注入、マントルの装着に加えて、ポンピングやプレヒートなどいくつかの手順を踏まなければいけないため、手間はかかりますが、その手間も含めて付き合い続ける愛好家が多いランタンです。

参考までに、代表的な加圧式ランタンのひとつであるペトロマックスを扱っているスター商事さんの点灯方法の説明動画を掲載しておきます。

出典:スター商事

各部のメンテナンスが必要ですが、しっかりメンテナンスすれば、非常に長い期間使うことができます。

そのため、主な加圧式ランタンのメーカーは古くから続くものが多く、見た目的にも、当時から続くヴィンテージ感のある格調高いデザインなところが特徴です。

古い年式の本物のヴィンテージも多数市場に出回っているので、よく探すとレアなお気に入りの逸品に出会えるかもしれませんね。

フュアーハンドランタン

出典:ファロスストア

フュアーハンドランタンはマントルを使わない、ランプ式のランタンです。

毛細管現象という仕組みで、液体燃料が吸い上げられ、灯りに供給されます。

マントルを使わないので明るさは限られますが、穏やかな灯りを長時間に渡って灯し続けることができます。

加圧式ランタンの燃料

加圧式ランタンは液体燃料の種類によってさらに違いがあります。

燃料には灯油とホワイトガソリンの二種類があります。

ホワイトガソリン

ホワイトガソリンは、石油系燃料のひとつで、自動車用のガソリンが識別用に赤などの色素で色をつけているのに対し、無色透明のためホワイトと言うそうです。

車の燃料には使うことができず、もっぱらアウトドア製品の燃料として使われています。

レギュラーガソリンなどと比べると高価で、もっとも安い18リットル缶タイプのもので1リットル300円ぐらいです。

使いやすい4リットル缶タイプだと、1リットルあたり600円ぐらいなのでさらに割高ですね。

しっかり保管すれば2年ぐらい保つようですが、年数回のペースであれば4リットルタイプを使う方が便利そうですね。

灯油

家庭で使われる灯油ストーブなどと同じで、ガソリンスタンドで販売されている灯油を燃料とするタイプです。

灯油ランタンのことをケロシンランタンとも言います。

ホワイトガソリンと比べると安価で、どこでも手に入るので便利です。

忘れても道すがらで買っていけますね。

地域によりますが、60円前後です。

※価格は2017年7月時点のものです。

加圧式ランタンのラインナップ

コールマン

コールマンと言えばランタン。

定番のラインナップに加え、毎年リリースされる限定バージョンのシーズンズランタンがあります。

日本では正規に流通しているのはホワイトガソリンのタイプのみとなっているようです。

コールマン / シーズンズランタン2017

燃料:ホワイトガソリン

明るさ:約190CP(約130W)

点灯時間:7〜15h

シーズンズランタンの2017バージョン。

毎年12月頃に発売されます。

本体のカラー、ホヤ(グローブ)の絵柄、ケースのデザインが変わります。

コールマン / ノーススターチューブマントルランタン

燃料:ホワイトガソリン

明るさ:約360CP(約230W)

点灯時間:7〜14h

点火装置が付いているので、ライターなどでの着火が不要の便利なランタンです。

チューブ型のマントルにより明るく輝きます。

コールマン / ワンマントルランタン

燃料:ホワイトガソリン

明るさ:約200CP(約130W)

点灯時間:7.5〜15h

ベーシックなワンマントルのランタンです。

1万円ちょっとのリーズナブルな価格なので入門用に最適です。

光量は小さめです。

コールマン / パワーハウスツーマントルランタン

燃料:ホワイトガソリン

明るさ:約300CP(約190W)

点灯時間:7〜14h

マントル2個使用なので充分な明るさが得られます。

ペトロマックス

ペトロマックスは1910年にドイツで生まれた歴史あるランタンブランドです。

当時からほぼ変わらない造りで、気品のある美しいデザインが多くのファンを魅了しています。

私も今まさに陥落しそうなその一人。

ペトロマックス / HK500

燃料:灯油

明るさ:約500CP(約310W)

点灯時間:8h

200以上のパーツから成る、精巧な造りのランタンです。

こちら、真鍮製のブラスバージョンです。

銀色に輝くニッケルバージョンもあります。

明るさは申し分ないですが、大型で重量があります。

ペトロマックス / HK150

燃料:灯油

明るさ:約150CP(約104W)

点灯時間:4h

HK500の小型版。

サイズに比例して、明るさ、点灯時間も小さくなっています。

ヴェイパラックス

イギリス産の灯油ランタンです。

ペトロマックスと比べると点灯がしやすく、シンプルな作りのため壊れにくいのが特徴です。

ヴェイパラックス / E41 ポリッシュドブラス

燃料:灯油

明るさ:約320CP(約205W)

点灯時間:10h

明るく、長時間点灯します。

サイズバランス的にも使い勝手の良い大きさです。

ヴェイパラックス / 300 ポリッシュドブラス

燃料:灯油

明るさ:約320CP(約205W)

点灯時間:10h

スペック的にはE41と同程度です。

ヴェイパラックス / M320

燃料:灯油

明るさ:約320CP(約205W)

点灯時間:10h

スリムでスッキリしたデザインのM320シリーズ。

カラー展開がいくつかあります。

ではまた。

Have a good camp.

スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ