キャンプの子供用チェアに適しているのはベンチな気がしてきた

我が家の子供達は、こんな感じのギフトでもらったペアのチビチェアを使ってまして、まぁコレはコレでフィットしていて悪くないです。

完璧にイスとしての役割を果たしてくれています。

ただ、これまでのキャンプで、友人のベンチを使っている子供達の様子を見ていると、ベンチの方が有効活用されているように感じたので、試しに我が家も導入してみようという運びになりました。

子供用チェアにベンチが適している理由

仲良く座れる

かまってもらう息子。

チビっ子なら3人まで座れます。

これで仲良く並んで遊べます。

まぁケンカの方が多そうだけど。(^^;;

安定感がある

椅子に立つ。

チビっ子の特徴のひとつです。

そんな時でも接地面が広くて安定感のあるベンチは安心です。

大人が隣に座れる

食事の時など、まだ横に並んでアレコレ世話をしなくてはいけない時もあるので、隣に腰掛けられるのはとても便利です。

子供なら横になれる

これはまぁコットでも構わないんですが、2歳の息子はまだ昼寝をするので目の届くところに寝かせておけるのは安心です。

サイズ的には未就学児ぐらいまでですかね。

ちょっと狭いので落ちないようにご注意を。

大人も座れる

子供用のチェアに大人が座るのはサイズ的に余裕がありませんが、この手のベンチは元々子供用ではないので、普通に大人が座れます。

予備の腰掛けとして置いておくだけでも何かと役立ちそうです。

#デイキャンプ #canvascamp #iwatani #camp #カホン #島村楽器

A post shared by hrksit (@hi_rock49) on

太鼓も叩けます。

定番ベンチの標準スペック

ぱっと見だと大掛かりな印象があるので、車載や運搬・使用に支障が無いか、導入のための検証をしてみます。

定番ベンチの代表作、キャプテンスタッグの「アルミ背付きベンチ」a.k.a.「鹿ベンチ」を例に挙げてみます。

寸法

使用サイズ

幅104cm×奥行56cm×高さ66.5cm

座面高約30cm

収納サイズ

幅104cm×奥行64cm×厚さ8.5cm

普通車であれば横幅は収まります。

横にしてペタンと置いてもいいですし、縦にしてスッと差し込んでもいいですし積載の状態にあわせて柔軟に積み込めます。

座面高が約30cmとロースタイルなのでチビっ子でもなんなく腰掛けられます。

重量

重さは3.8kgと、見た目のわりにはとても軽く、形的に持ちやすいので持ち運びはとてもラクです。

対荷重は140kg(片面:70kg)です。

設営

まぁ設営も何も、、という感じですが、座面と背もたれのパイプを持って、パカっと開くだけです。

定番ベンチラインナップ

巷で利用されているベンチタイプのラインナップを集めてみました。

各メーカーから、カラーや素材などバリエーションが豊富にリリースされています。

キャプテンスタッグ

まずはド定番のキャプテンスタッグから。

ベーシックであまりにも流通してるので、価格的にお買い得になっています。

実売4,000円台です。

キャンプアウト

キャプテンスタッグは実は色々なブランドがあってキャンプアウトはそのひとつです。

カジュアルでアクティブな方向性のアレンジになっています。

実売5,000円台です。

CSクラシックス

CSクラシックスはナチュラルテイストに派生したブランドです。

オプションでクッションカバーがあります。

実売7,000円前後です。

CSブラックラベル

キャプテンスタッグの新レーベル・ブラックラベルのベンチです。

まぁ仕様は同じですけどね。

パイプのカラーがブラックでクールな印象です。

7,500円前後です。

コールマン

持ち運び用のハンドル付きです。

使用時にフレームをロックする機能が付いています。

実売5,000円台です。

ロゴス

色合いがおしゃれですね。

柔らかくて暖かいオプションのクッションカバーがあり、秋冬に活躍してくれそうです。

価格は12,960円です。

ヴィジョンピークス

こちらも持ち運びのハンドルが付いています。

5,000円前後で販売されています。

アウトプットライフ

他のものと比べると若干大きく重いですね。

13,000円前後で販売されています。

ドッペルギャンガーアウトドア

標準でクッションカバーが付いてます。

持ち手付きで持ち運びも簡単です。

11,500円です。

似たような作りですが、メーカーにより若干スペックは異なります。

ではまた。

Have a good camp.

スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ
ページ下レスポンシブ
スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ