キャンプのカメラ収納用にモンベルのインナーバッグを買ってみた

SNSへの投稿のためにキャンプで写真撮影を楽しんでいる方は多いのではないでしょうか。

私も例に漏れずその一人です。

センスの無さを嘆きつつも、懲りずに写真を撮り続けています、、。

スポンサーリンク

想定している使用シーン

カメラをキャンプに持っていく時は雨や埃で汚れたり、ギアにぶつかって傷が付かないか心配なので保護するためのケースを探してみました。

キャンプで持ち運ぶ時に保護したい

キャンプに出かける時の車内はギアや荷物でゴチャゴチャしています。

裸で置いておくと何かの拍子にぶつけたりして傷をつけてしまいそうです。

後部座席にそのまま置いておくと子供がこぼしたお菓子の食べかすや飲み物がかかる恐れもあります。

そんな環境下でも安心して置いておけるケースが必要です。

バックパックに入れて持ち歩きたい

取材等で手持ちでカメラを持ち運ぶ機会もけっこうあります。

そんな時に保護ケースごとバックパックに入れられれば、現地まで安全に運搬できます。

バックパックに収まるコンパクトなサイズのものを求めています。

モンベルのプロテクションインナーバッグ

以前、取材でモンベルのショップに行った時に色々な種類のカメラバッグを扱っているのを見かけたので、改めて見に行ってみたらちょうど良いものがありました。

プロテクションインナーバッグです。

SMLパックインバッグの4種類のサイズがあります。

(cm)高さ奥行
S9159
M122012
L152415
PinB172917

※内寸は記載の寸法からマイナス1cm

今回はLサイズを選んでみました。

価格は税込3,780円とリーズナブルです。

さすがのモンベルプライス。

内側にはマジックテープで固定できる仕切り板が2枚入ります。

ギュっとつまんでも指先と指先が触れ合わない硬めのウレタンフォームで全面しっかり保護されています。これならカメラを入れても安心です。

フタの裏にあるポケットにはケーブルやキャップなどを入れておくことができます。

表地はナイロン素材ですが防水性はありません。

雨の時は濡れないところに置きましょう。

Lサイズとパックインバッグにはショルダーベルトが付属しています。

ベルトはそれほど長くなく、脇に抱える程度です。

試しに普段使っているバックパックに入れてみました。

いやもう見事にフィットしました。

ちょうど底のところに収まる感じで容量は1/3程度なので、ノートPCや傘・タンブラーなど他のものも余裕で入れられます。

カメラを入れてみた

早速、SONYのミラーレス一眼「α7Ⅲ」とズームレンズ「SEL24105G」を入れてみました。

仕切りを2枚入れてボディとレンズを分けて入れるとかなり余裕があります。むしろスカスカです。

右端には充電用のアダプタなどが入れられます。

買ったのはLサイズですが、店頭で試しにMサイズにカメラを入れてみたら、これまた驚くほどピッタリでした。

交換用レンズ無しであればMサイズの方がコンパクトで良さそうです。

ただ私は将来的に単焦点レンズを1本買い足したい、と思っているのでLサイズにしました。(妻には内緒ですが)

写真のようにカメラを上向きに入れれば、単焦点レンズを付けたままで入る想定です。

今のところはレンズを1本しか持っていないので、使いやすさを考慮し付けっぱなしでこのように使おうと思っています。

Lよりひと回り大きい「パックインバッグ」というサイズであれば、レンズを付けっぱなしで中央に入れて、左右にレンズが2本入りそうです。

ちなみに店頭で撮った写真と自宅で撮った写真でかなり色味が異なりますが、実際には濃いネイビーのカラーです。2つ前の写真がわりと現物に近い感じ。

他のものも入れてみた

せっかくなのでキャンプで使っている他の電子機器も入れてみました。

まずはLUMENAのファン。

ちょっとグイっという感じですが入りました。

夏キャンプの暑さを和らげるサーキュレーターは実は冬にも役に立つ
2018年の7月は記録的な猛暑でした。 猛暑を受けて充電式のサーキュレーターをオーダーするも、クラウドファンディングでのオーダーで納品まで時間がかかったため、届いた頃には暑さのピークは終わりに差し掛かっていました。(^^;; ...

続いてLEDランタンのビーコンライト。

1個しか持ってませんが3個は入りそうです。

「LEDランタンのオシャレさを追求したらこうなった」のベアボーンズ
LEDランタンが盛り上がりを見せるなか、後発ながら破竹の勢いでLEDランタン市場を席巻しているLEDランタンがあります。 ベアボーンズリビング(Barebones Living)のLEDランタンです。 発売から1年ほど経...

こちらも裸での持ち運びに不安を感じていたAnkerのPower Houseですが、さすがにこれは収まりませんでした。

もう一つ上のサイズであれば入りそうです。

カメラ以外の電子機器類の収納にもけっこう使えそう、ということがわかりました。

モンベルのカメラバッグラインナップ

モンベルでは他にも色々な種類のカメラケースやバッグを扱っていました。

カメラショルダーバッグ

出典:mont-bell

高い防水性とクッション性でカメラをしっかり保護してくれます。バッグの外側に三脚を取り付けられるストラップがあります。

ライトフォトショルダーバッグ

出典:mont-bell

ショルダーとウエストで固定できる軽量カメラバッグ。交換用レンズや付属品も入れられます。

フォトコンテナ

出典:mont-bell

大きな望遠レンズやたくさんの交換用レンズを入れられる大容量のカメラ専用バックパック。手持ちバッグとして使うこともできます。

オールウェザーカメラケース

出典:mont-bell

単焦点レンズ向けのMサイズとズームレンズ向けのLサイズがあります。防水性が高いケースで、登山などで携行する用途に向いています。

ちなみにコレはカメラケースではなく小型のクーラーバッグですが、試しに入れてみたらこれまたピッタリ入りました。

さほどクッション性が必要なければこれでもいいかもしれませんね。

色んな用途に使えるモンベルのインナーバッグ!

カメラだけでなく色々な精密機械の保護に使えるプロテクションインナーバッグ。

コンテナの中にもスッキリ収まり重ねることもできるので、ごちゃごちゃしがちな細かいキャンプ道具の整理整頓に適していそうです。

ではまた。

Have a good camp.

コメント

タイトルとURLをコピーしました