「LEDランタンのオシャレさを追求したらこうなった」のベアボーンズ

LEDランタンが盛り上がりを見せるなか、後発ながら破竹の勢いでLEDランタン市場を席巻しているLEDランタンがあります。

ベアボーンズリビング(Barebones Living)のLEDランタンです。

発売から1年ほど経ちますが、未だに人気は衰え知らずです。

たしかにね、カッコいいですし、とりあえずひとつ的な手頃感もありますよね。

ベアボーンズリビング

ベアボーンズリビングは2012年に創業したアウトドアメーカーで、フロムUSAです。

LEDランタン以外にもたくさんのアウトドアギアを提供しています。

本国のサイトを見るとロッジテントもあります。

全般的にデザイン性が高く魅力的なギアです。

日本のサイトはA&Fによって運営されていますが、全ての製品を取り扱っているわけではないですね。

ビーコンライトLED

ショートサイズのコーヒーカップぐらいのコンパクトなLEDランタンです。

アンティークブロンズ、レッド、カッパーというどれも捨てがたい3色のカラーバリエーションがあります。

30〜220ルーメンまで無段階で明るさ調節ができます。

点灯時間は最大時3時間〜最小時200時間です。

最大だと一晩保たないので中間ぐらいの明るさで点けましょう。

充電時間は4〜5時間で、付属のUSBケーブルで充電できます。

価格は税抜5,500円です。

柔らかな電球色の灯りです。

底面が平らになっているので、置いて使うこともできます。

青い3つのインジケーターは電池残量を示しています。

シェードの上のツマミを回すと、点灯・明るさ調節ができ、カラビナのようなフックが装備されているので、そのままロープやハンギングチェーンなどに吊り下げることができます。

充電用のUSBケーブルは本体に装着できるので失くす心配がありません。

小技が効いてますね。

ビーコンライトの明るさ

実際にキャンプの夜に点灯してみました。

最小の明るさです。

最大の明るさです。

30から200ルーメンなのでかなり明るさが変わります。

全体的に照らされて思いのほか明るいので、最大であればひとつで充分な明るさが確保できます。

3時間限定ですけどね。(^^;;

いまだに明るさをうまく伝える撮り方ができません、、。

照らされている空間を撮ればいいのか!

次からはそうします、、。

ランプシェードでさらにオシャレに

ビーコンライトはハーフトラックプロダクツのランプシェードとの相性がバッチリなので、せっかくならこのセットでのご利用をオススメします。

最近は充電式のLEDランタンが盛り上がりを見せていますが、そんな中、電池式でも根強い人気で多くの人に愛用されてい...

フォレストランタンLED

もうひとつは、少し大きめでアンティークランタン風のデザインのフォレストランタンです。

う〜ん、新品のキッチンペーパーロールぐらいですかね。

こちらは明るさ5〜200ルーメンで、点灯時間は3〜80時間、充電時間は4〜6時間です。

価格は税抜8,000円です。

正面下部に付いているのが点灯・調節用のツマミです。

フォレストランタンの明るさ

こちらも点けてみました。

最小です。

最大です。

実際の明るさもビーコンライトの方が明るいですが、ビーコンライトは上に吊るすからか、より明るいように感じます。

ん〜どれにするか。

ひとつで済むことを願っています。

ではまた。

Have a good camp.

スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ
ページ下レスポンシブ
スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ