自分に合ったキャンプ用チェアを探そう ハイバックチェア編

キャンプに限らず、チェアは色々なレジャーや子供の運動会などでも使うことがあるので、キャンプをやらなくても持っている方が多いでしょう。

我が家もギフトでもらった子供用の折りたたみイスが2脚とドンキホーテで買ったドリンクホルダー付きのディレクターチェアタイプがありましたが、長く使っていて座面がボロボロだったので、これを機に新調することにしました。(欲しかっただけ、、)

スタイルを決めておく

チェアに限らず、ギア集めの方向性を考える上でのひとつの大事な要素として、「キャンプのスタイルをどうするか」があると思います。

スタイルというのはつまり、過ごし方のことです。

過ごし方によって適切なギアのチョイスは変わりますので、ひとつのギアだけでなく、関連するものもあわせて考えるのが、失敗しないコツです。

特にチェアやテーブルについては、関わりあって使うものなので、その点がより重要になります。

例えば、キッチンで料理をする場合は、立ち姿勢が多いので、チェアもテーブルも高いものの方が動きやすいですよね。

焚き火台でBBQをするなら姿勢が低いので、低めのチェアに腰掛けて、テーブルもその高さに合わせた方が使いやすいです。

考え方は、ご自宅のダイニングやリビングと同じですね。

ハイバックチェアの候補を挙げてみた

我が家の場合は、リラックススタイルで高い背もたれがいい、という点で共通していたので、その目線で候補を挙げていきました。

キャンパルジャパン / ハイバックチェア

キャンパルジャパンハイバックチェアは後ろに小物入れがあるのでその点は一歩リード。

また、ハイバックチェアはコットンとポリエステルのものがあり、ポリエステルの方が少しお安くなってます。

個人的にはコットンの方がお尻が滑らないのでしっくりくるな、と。

オンウェー / コンフォートチェア2

アディロンダック / キャンパーズチェア

ハイバックチェアコンフォートチェアキャンパーズチェアは形状もたたみ方も似通っていまして、背面から肘掛けを持って引き上げながら中央に絞っていく感じです。

座面の前側の高さは40cmちょっとで、立ち上がるのにもさほどおっくうではありません。

なおかつこのタイプの良いところは、私の身長(180cm)でも背もたれに頭をもたれかからせることができるので、くつろぎたい時はしっかりくつろげます。

ディテールでは肘掛けの形や素材など、なんとな〜くですがそれぞれ違いがあります。

ロゴス / neosバックホールドチェア

ロゴスのバックホールドチェアは背もたれの腰部分が押し出された形になっていて、ここの弾力がすごく効いています。

なんと言えばいいか、リラックスしながらも腰の負担が軽減されて座り疲れしないと言うか。

そして他には無い、保冷機能付きのドリンクホルダーが標準装備です。

背面には小物を入れられるメッシュポケットまであり、そこまで高機能ながら、お値段は6,500円(税抜)という良心的な設定です。お値段以上です。

コールマン / コンフォートマスター キャンバススリングチェア

コールマンが誇るハイクオリティのギアを集結させたマスターシリーズのひとつ。

このチェアは座面高が37cmと他のハイバックチェアより少し低めに設定されているんですが、その高さが絶妙にちょうど良く、立ったり座ったりが非常にスムーズです。

素材はコットンなので滑らず、火にも強く、いいとこ取りですね。

こちらでお買い求めいただけます。↓↓

ビジョンピークス / キャンバスリラックスチェア

こちらも座面高35cmと低めのハイバックチェア。

ロースタイルで身体をもたれかけてゆっくりくつろげます。

ビジョンピークスはアウトドアショップ「ヒマラヤ」のプライベートブランドでコストパフォーマンスに優れたベーシックなアイテムを展開しています。

よりリラックス度の高いハイバックチェア

コールマン / レイチェア

レイチェアは形状は少し異なりますが座った感じは近いものがありました。

しかもこれ、三段階のリクライニング機能がありまして、背もたれを立てると姿勢良く座れて、倒すと一層リラックスすることができるんです。

スノーピーク / Take!チェアロング

スノーピークのTake!チェアはノーマルとロングの2タイプありまして、こちらはロングのものです。

ノーマルはここまで背もたれが長く無く、お尻がスポンという感じです。

Take!チェアは構造が少し違ってて、ハンモックに近いと言いますか、座面と背もたれの脇を支えるものがないので、座り心地はくるまってる感じです。

言葉で説明すると難しいですね。

我が家の決め手

と、チェアについても色々迷いましたが、私はA&Fで扱っているアディロンダックキャンパーズチェアに決めました。

ネイビー/ベージュ。色合いがいいですねぇ。

収納ケース付きです。

決め手と言っても、まぁ言葉で説明するのは難しいんですが、とにかく「座り心地!」そのひとことに尽きますね。(スミマセン。。)

感覚的なものですが、私はコットンが合うようです。フィット感が良いんですよね。

使っているうちに少し伸びるはずなので、より自分仕様になることを期待したいです。

あとは配色かな。なんとなく都会的。

ちなみにアディロンダックは2サイズ展開でスモールサイズはウチの上の子(100cmぐらい)がちょっと大きめですがわりと心地よさそうに(偉そうに)座ってました。

しばらく使えそうな感じなので娘とお揃いにしようかな。

アウトドアライフスタイルを提案するエイアンドエフオンラインストア



そして妻が選んだチェアは?と言いますと。

こちら、スノーピークTakeチェアロングです。

スノーピークはデザイン性が高いですねぇ。

たたんだ時はアディロンダックより少し長め。

ケースは無く、付属の紐で巻き付けて束ねるようになっています。

実は私は、統一感を出すために、夫婦でお揃いのチェアにしたかったんですが、まぁ私と妻は身長も30cm以上離れてますし、身体に合う椅子が同じとも限らないので、そこはしょうがないですかね。

もうこの椅子にした時点であまり作業を手伝う気が無いという意思を感じますね。。(^^;;

まとめ

チェアはホントに人それぞれ好みが分かれると思います。ラーメンみたいなものですかね。

体型も大きく関わります。

ですから、目線の説明はできてもオススメするというのはなかなか難しいですよね。

幸い、展示品が多く色々なところで試せるのでとにかく座ってみて座り心地を確かめるのが一番良い検討方法だと思います。

私はお店で全部並べて端から順に座ったりしてました。(^^;;

ローチェアのオススメはこちらの投稿をどうぞ。

実際にキャンプをこなしていくと、もちろんまだ持っていないギアに対して、アレあったらな、というのは当然あり...

ではまた。

Have a good camp.

スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ