ペトロマックスの焚き火台ファイヤーボウルを使った感想をまとめてみた

ペトロマックスと言えば、まず最初に出てくるのは灯油ランタンですが、ランタン以外にもたくさんの火にまつわるアウトドアギアを扱っています。

ドイツ製なのでデザイン的に優れていて魅力的なものばかりです。

このファイヤーボウルも無駄の無いシンプルなデザインで以前から気になっていたところに、たまたま身近なキャンプ仲間の後輩が購入してキャンプで使わせてもらうことができました。

ペトロマックス ファイヤーボウル

ファイヤーボウルは3サイズ展開です。

名前 税抜価格 サイズ 重さ
fs38 9,000円 38×26cm 3kg
fs48 11,000円 48×26cm 5kg
fs56 15,000円 56×26cm 6kg

名前の数字は焚き火台のボウルの直径を表しています。

厚みのある鉄板なのでズシッと重みがあります。

価格はわりと高めですね。

キャンプ場で販売されている薪は長さ40cm程度のものが多いので、fs48はちょうど良いサイズです。

重さはありますが、スペースは取らないのでオートキャンプであれば問題無いと思います。

一石二鳥な焚き火台

出典: http://www.star-corp.co.jp/

このファイヤーボウル、焚き火台としてだけでなく、食材を焼くための鉄板として使うこともできるんです。

直火で火を起こし、その上にファイヤーボウルを置けば大きな調理用鉄板のできあがりです。

お好み焼きが4枚ぐらい焼けそうです。

ただ、直火可能なキャンプ場はそう多くないので、実際にこの使い方ができるシチュエーションは限られてしまいますね。

余裕があれば2個買いしてウェディングケーキよろしく2段重ねにすれば、下段で焚き火、上段で焼肉という贅沢使いができます。(^^;;

fs48を使ってみた

後輩が所有しているのはfs48です。

大きすぎず小さすぎずなやつです。

パーツは天板と着脱式の脚が3本、以上です。

両端が取っ手の形になっているため、物が乗った状態でも持ち上げたり動かしたりできます。

(焚き火中の取っ手の熱さは半端ないと思いますが、、)

脚は天板に手でネジネジっとねじ込みます。

道具は使わないのでラクチンです。

できあがり。

脚は3本なのでガタつきにくくなっています。

設置はとても簡単です。

薪を置いてみました。

焚き付け用の小さい薪は余裕がありますが、大きい薪はジャストです。

これといって空気力学が作用するような構造では無いですが、燃えが悪いと言うこともなく、フツーに燃えています。

暑い中、しっぽりと焚き火をお楽しみ中の後輩。

大きさの違いに関わらず、高さは全て26cmで統一されています。

座ってくつろぎながらまったりと薪をくべるのにちょうど良い高さです。

専用のキャリーバッグがペトロマックスから別売で販売されています。

純正品だけあってジャストフィットな使い心地なので、できればまとめて買っておきたいところです。

若干のクッション性があるのでトランクルームや他のギアの保護にもなります。

気になった点

薪が滑って落ちそうになる

ファイヤーボウルとは言うものの、天板はほとんどフラットな構造です。

プレートって感じです。

引っ掛かりが無いため、薪を傾けて置いておくと何かの拍子に滑って動くことがあります。

燃えている薪が落ちると危険なので、薪の積みすぎには注意しましょう。

我が家で使っているスノーピークの焚火台は、子供が小枝を放り投げて入れることができますが、ファイヤーボウルだと無理ですね。

火挟かグローブをはめた手でそっと丁寧に置いて、静かに大人な焚き火を楽しむのが似合う焚き火台ですね。

スノーピークの焚火台は私がまだキャンプについて右も左も分からない頃に購入したものです。 当時の私は...

灰が落ちやすく捨てにくい

やはりこれもフラットな構造の関係で、燃えた後の灰が広がって溜まります。

炭ツボに入れるには、ブラシか雑巾か何かでまとめる必要があります。

そのまま灰捨て場に持っていくという手もありますが、わりと重量があるため距離によってはしんどいそうです。

風が吹いたら全部飛んでっちゃいますしね。

パッと見はわかりませんが、天板にはバリがそこそこあるようです。

灰をゴミ袋に流し込もうとした時に、引っ掛かって破れてしまったことがあるそうです。

ではまた。

Have a good camp.

スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ
ページ下レスポンシブ
スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ