キャンプの調味料やコーヒー豆入れに最適なナルゲンボトル

私はキャンプを始める前から、職場用のマイボトルとして、ナルゲンのTRITANというシリーズの広口プラスチックボトルを愛用していました。

ナルゲンのボトルは元々、研究用の容器でしたが、使い勝手の良さからアウトドアでの使用に適しているということが見出され、アウトドア向けラインナップが開発されることになったボトルです。

つまり、アウトドアのために作られているので、当然キャンプでも色々なものを入れるのに役に立つということですね。

ナルゲンの特徴

ではナルゲンのボトルがどういった点で優れているのかまとめてみましょう。

密閉性が高い

独自のキャップシステムで密閉性が高く、中の飲料が漏れません。

カバンの中で横や逆さまを向いたりしてますが、全く漏れたことはありません。

パッキンが付いていないので雑菌が繁殖することもなく、安心して使えます。

以前、キャンプでオリーブオイル入れとして使っていた容器のフタが開いていて、コンテナの中がオイルまみれになったことがありますが、ナルゲンならそんな心配はありません。(^^;;

熱や冷気に強い

本体はマイナス20度〜100度、キャップは0度〜120度と幅広い温度に対応しています。

沸騰したお湯でもしばらく置いておけば100度以下になるので、熱いものでもすぐ注いで持っていくことができます。

あ、ちなみに熱を通さないわけではなく、お湯を入れたボトルは熱くなるのでご注意を。

安心安全な素材

飲料用のボトルと言えば、見た目の格好良さや保冷保温の性能の良さからステンレス真空二層構造のボトルが人気です。

我が家でもいくつか使っています。

さて、「キャンプサイトをスッキリ整えよう計画」はさりげなくまだまだ進行中です。 ティッシュやゴミ箱周りは収...

時間が経っても冷えた飲み物を飲める喜びは捨てがたいものがあります。

ただ、ステンレス製のボトルには入れていいものと入れない方がいいものがあります。

酸性のものは金属が溶けたり、塩分が強いものは使用後にしっかり洗浄しないと腐敗したりして、身体に害を与える恐れがあります。

ナルゲンの樹脂製のボトルであればそういった心配はありません。

使った後に綺麗に洗わないといけないのは、素材に関係なく当たり前の話ですけどね。

特に夏場は雑菌が繁殖しやすいので、こまめに洗って清潔に使いましょう。

TRITAN

定番のドリンクボトルです。

細口・広口、容量は500mlや1Lなど色々な種類があり、カラーバリエーションも豊富です。

私は広口の500mlで、フタが本体に取り付けられるタイプのボトルを使っています。

フタが「どこいった?」とならないので便利です。

朝お茶を沸かして、冷え切る前でもそのまま注いで持っていけるので時間が無い時に助けられています。

広口なのでそもそも洗うのはラクなんですが、耐熱なので我が家ではさらにラクして食洗機に入れて洗っています。

コーヒービーンズキャニスター

コーヒー豆専用のボトルです。

我が家では200gを使っています。

密閉性が鮮度の維持に関わるコーヒー豆の保管には最適なボトルですね。

とは言え、ナルゲンの他のボトルでも密閉性は変わらないので、あえてこれにする必要は無いのかもしれませんが、こんなかわいいドリッパーのデザインを見せられたらつい買ってしまうのが沼キャンパーの悲しい性ですよね。(^^;;

我が家では鮮度が落ちないように近所の豆屋でお気に入りの豆を200gずつこまめに買っています。

200gのケースに200gの豆なので、全てキッチリ入るかと思いきや、必ず最後に一杯淹れるぐらいの豆が余ってしまうのが悩みの種です。笑

広口丸形ボトル

コンテナ内オリーブオイル漏れ事件が起きた後、妻は直ちに容器の見直しにかかりました。

元々ナルゲン愛用者なので、特に迷うことはなかったようです。

飲用のボトルをそのまま小さくしたようなタイプです。

フタが注ぎ口になったタイプもあり、醤油やオイルなど液体を入れるためにはその方が向いているかもしれませんが、妻は洗うのが面倒とのことで全て広口で統一していました。

塩胡椒は小さい穴が開いた内蓋が付いていないので、丁寧に振らないとドバッと出てしまいます。

そのうちバリエーションで、粉末対応タイプが出そうですね。

コンテナポーチ

WILD-1で広口丸形ボトルを追加購入しようとしている時に、隣にこんなものがありました。

ナルゲン純正のボトル収納ポーチです。

断熱材が入っているようでクッション性があります。

背面にマジックテープが付いていて、フタを開けた状態で固定することができます。

フタを開けてみました。

内側はアルミで、断熱材とあわせて品質低下を抑える効果がありそうです。

汚れても拭き取って掃除できます。

実際に使う時はフタを開けたまま置いといて、調味料置きとして使うことができます。

60mlの広口丸形ボトルを6本収納できるので、塩・胡椒・醤油・ソース・オリーブオイル・スパイスなど、キャンプで使いそうな調味料はだいたい収まります。

ブラックとレッドの2色展開です。


ナチュラムでナルゲンボトルを見る

ではまた。

Have a good camp.

スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ
ページ下レスポンシブ
スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ