焚き火用のハンガーを導入してみたら、思っていた以上に使い勝手が良かった

このところ焚き火にどっぷりな我が家の妻。

自分なりの焚き火スタイルを作り上げたいらしく、新たな焚き火道具が導入されました。

焚き火の傍らで、ケトルを吊るしたりするためのハンガーです。

スポンサーリンク

焚き火用ハンガー

焚き火用のハンガーというのは、みなさんご存知のこんなやつです。

支柱をハンマーで地面に叩き込み、そこにテコの原理でハンガーを引っ掛けていくタイプです。

知られたところでは、CAMP MANIA PRODUCTSのファイアハンガーやPetromaxのファイヤーアンカーなどがあります。

created by Rinker
¥14,040(2020/09/28 15:28:11時点 楽天市場調べ-詳細)

我が家が購入した焚き火用ハンガー

妻が購入したのは、知られたブランドのものではなく、鉄加工の職人さんがメルカリで販売していたものです。

セット内容は、下記の通りです。

115cm支柱1本
40cmハンガー1本
35cmハンガー1本
29cmハンガー1本
ロストル付きハンガー1本

5点セットです。

標準セットだと、一番上にランタン用のハンガーが付いてましたが、それは要らなかったので減らしてもらいました。

個人の方が作っていてカスタムできるとのことだったので、位置の調整がしやすいように、40cmハンガーの引っ掛けるところを2ヶ所にしてもらいました。

他にも支柱やハンガーの追加や削除、ちょっとした加工などが数百円単位ででき、融通が効きます。

バリなど細部の加工はどうかなぁ、と気になっていたんですが、そこらへんの加工の精度も高く、とても良い品質でした。

重いSOTOのステンレスダッチオーブン10インチハーフをのせることもできました。

created by Rinker
¥20,900(2020/09/28 01:45:07時点 楽天市場調べ-詳細)

このセット内容で価格は約7,000円、有名ブランドのものより安く、これは当たりでしたね。

ちなみにハンガーにぶら下がっているケトルも、妻によって導入されたものです。

これまで使っていたケトルは、この引っ掛けて焚き火で使う、という用途に対応したものではなかったので、、。

ユニフレームのキャンプケトル、WILD-1別注カラーのゴールドです。

銅の風合いがよいグランマーコッパーケトルと迷ったんですが、偶然WILD-1でこの別注カラーを見つけ、衝動買い。

焚き火用ハンガーのここが良かった

前から気になっていたものではあるんですが、実際に使ってみたら、こんな利点があるなぁ、と改めて気づいたことがあります。

炎との距離を調整しやすい

我が家はこれまで、焚き火で調理するための器具として、アイアンクラフトのラックを使っていました。

ラックの場合、高さを変えることができないので、焚き火との距離が遠く、なかなか鍋が温まらないことがありました。

その点、ハンガータイプであれば、ハンガーを上げ下げしたり、回したりするだけで瞬時に位置を変えられます。

妻が目指しているのは、男前な直火の焚き火スタイル。

火の位置はかなり低くなります。

ただ、直火ができるキャンプ場は限られているため、普段は焚き火台を使って焚き火をします。

火の高さが変わっても対応できるハンガータイプは、理にかなっていますね。

ラックタイプは使いづらいというわけではなく、耐荷重という点でハンガータイプより優れているので、それはそれでメリットはあります。

全ては用途による、ということですね。

サイズがコンパクトで収納しやすい

これもラックタイプとの比較になりますが、支柱とハンガーのみというミニマルな構造なので、とてもコンパクト。

一番長い支柱は115cmなので、長さと重さはそれなりにありますが、細いので積載や収納はしやすいです。

持ち運びの点では、ハンガータイプの方が気軽です。

ブッシュクラフトな焚き火スタイルに合うハンガー

やりたいスタイルに合う道具を見つけられたようで、妻はとても満足しています。

ケトルをぶら下げて湯を沸かし、ベーコンをぶら下げて炙り、火挟やファイヤーブラスターをぶら下げる。

丸三年経って、遅ればせながら沼に浸かった妻。

次は何がぶら下がっているのやら。。

ではまた。

Have a good camp.

コメント

タイトルとURLをコピーしました