自分に合ったキャンプ用マットで快適な睡眠を

 

マットはキャンプの夜の快眠のために非常に大きな役割を果たします。

眠るためのギアというとまず真っ先に寝袋が思い浮かぶと思いますが、個人的には寝袋よりも快適さを左右するものだと思います。

心地良い眠りを得るためには、まずは、しっかり自分に合ったマットを選ぶことから始めましょう。

 

スポンサーリンク

キャンプ用マットの役割

クッション性

テント内のフロアは厚手のグラウンドシートだとしても、あくまでもシートに過ぎないので、地面の凹凸などは直接テント内に影響します。

マットを敷くことでそういった凸凹などの影響を和らげ、快適なフロアの状態を保つことができます。

 

断熱性

寒さは足元からやってきます。

寝袋の下にマットを敷くことで、地面との間に層ができ、冷気を遮ることができるのも重要な役割です。

断熱効果が高い素材のものもあり、効果はものによって異なるので、寒い季節にキャンプをする場合は、その点をしっかり意識して適したものを選びましょう。

 

断熱効果を表す値として「R値」というものがあり、数値が大きくなると断熱効果は高くなるんですが、全メーカー掲載しているわけではないので、あまり参考になりません。

直接問い合わせたら教えてくれるのかもしれませんが、察するに、この数値を得るためには専門的な検査が必要で、コストがかかりそうなので、やっていないメーカーもあるんじゃないかと思います、予想ですが。

 

私の個人的な判断方法としては、登山系のギアに強いメーカーは、命に関わる過酷な環境に向けてのギアを提供していることになるので、必然的にスペックはしっかり保証されているんじゃないかな、と思っています。

その中で、価格と機能を予算と照らしあわせながら考えるのはひとつの方法かな、と。

 

キャンプ用マットの種類

エアマット

空気を注入して膨らませるタイプです。

使うときに空気を入れなければいけないのは手間ですが、収納時はとてもコンパクトなサイズになるので携帯性に優れたマットです。

まぁ浮き輪と同じですね。

大型のものはポンプで空気を入れます。

鋭利なもので引っ掛けたりすると破れてしまいますので取り扱いには注意が必要です。

乗ったときにポワンポワン感があるので硬めの寝心地がお好みの場合はあまりしっくりこないかもしれません。

 

ウレタンマット

発泡ウレタン製のマットで、丸めたり畳んであるものを広げるだけで使えます。

片付けるときも同じように、丸めたり畳んだりするだけです。

断熱性が高い素材のものもあります。

ただ、収納時の容積は変わらないので、エアマットに比べると運搬や保管の際には嵩張ります。

あまり厚みはないので柔らかい寝心地がお好みの方には不向きかもしれませんが、あくまでも自宅のベッドではなくアウトドアだということをお忘れなく。

 

インフレーターマット

エアマットとウレタンマットの掛け合わせとでも言いましょうか、エアマットの中にウレタンフォームが入ったマットです。

使用時は、空気の栓を開くと、自動的に空気が入りながら中のフォームが膨らむのでラクです。

原理は旅行のときに使う、圧縮袋と同じですね。その反対の使い方をしてる感じになります。

張りが足りない時は、吹き込んで補うことができます。

 

展開時はラクで良いんですが、収納時は空気を抜きながら圧縮するので作業が割と大変です。

背景としては、断熱効果の高いウレタンマットを厚くして寝心地を良くしたいが嵩張るので圧縮機能を付けた、のような感じでしょうかね。

 

インフレーターマットもエアーマットと同じで、破れるとただの圧縮できないスポンジ板になってしまうので、気をつけましょう。

 

オススメのキャンプ用マット

エアマット編

モンベル / U.L.コンフォートシステム エアパッド

幅50cm、厚さ7cmで厚みはしっかりありますが、幅が狭めなので、寝返りをするとコロリンと落ちちゃいます。

長さは90cm、120cm、150cm、180cmと30きざみで4サイズあります。

とにかく省スペースかつ軽量で携帯性を重視した人気のエアマットのひとつです。

まぁやはり、空気を入れるのはひと手間ですが、しっかりと空気を吹き込めば厚みがあるので着地感はありません。

実のところ、方向としては携帯性重視なので、オートキャンプであれば、ここまで省スペースにこだわる必要は無いと思います。

 

ロゴス / どこでもオートベッド

キャンプであれば、基本クルマで運ぶのでこのぐらいしっかりしたエアマットの方が寝心地は保証されます。

厚さが20cmもあるので完全に地面の影響を遮ることができます。

長さは185cmで幅は100cmと130cmの2サイズ展開です。

そうです、名前の通りマットと言うよりベッドです。

手動ポンプが付属されていますが、電池で動く自動ポンプが装備されてますので、スイッチを入れると3分で勝手に空気が入ります。

いやー、至れり尽くせりですね。

生地が厚手なので、圧縮してもサッカーボール2個分ぐらいの容積はあります。

 

ウレタンマット編

サーマレスト / リッジレスト ソーライト

サーマレストはアメリカのアウトドアメーカーで、主に寝具やチェアなどのギアを展開しています。

ハンモックだけでいくつもの種類があります。

日本のメーカーには真似できない芸当ですよね。(^^;;

レビューと検索結果の多さからとても人気のメーカーであることが伺えます。

実際にレビューを見ていても、品質の高さを評価する記事しか見当たらないので、安心感があります。

122cm×51cm、183cm×51cm、196cm×63cmの3サイズ展開で、収納時はクルクルっと丸めるだけです。

さすがアメリカのビッグサイズ対応ですね。

幅は狭いので寝返りはその場でお願いします。

ソーライトは特に軽さとコンパクトさに特化しています。

 

サーマレスト / Zライトソル

サーマレストのスタンダードなウレタンマット「Zライト」にアルミ加工で断熱性を加えたモデルです。

130cm×51cm、183cm×51cmの2サイズ展開で、折りたたみ収納式です。

 

モンベル / フォームパッド

モンベルのウレタンマットタイプです。収納時はパタパタと折りたたみます。

エアパッドと同様に、90cm、120cm、150cm、180cmの4サイズ展開です。

幅はリッジレストと同じで狭いので、ゆったり寝るには向きません。

 

ウレタンマットの種類はあまり多くありません。

価格はさほど高価ではないので、ウレタンマットでいくならば、まずは安定の人気を誇るサーマレストのラインナップからお好みに合わせて選んでみるという方法で間違いないと思います。

ただ、積載量とお財布に余裕があるならば、インフレータータイプの方が、厚み的にも断熱効果的にも快適なんじゃないかなぁ、と個人的には思っています。

 

インフレーターマット編

スノーピーク / キャンピングマット

長さ198cm、幅77cmと大型のゆったり眠れるサイズです。

厚さは5cmと6.2cmの2タイプあります。

複数のマットを左右のベルクロで連結して、広いマットとして利用可能です。

裏面はノンスリップ加工で、テント内で滑るのを防止しています。

また、付属の収納ケースは張りが足りないときの空気入れになるという細い気遣いが施されています。

 

モンベル / U.L.コンフォートシステム キャンプパッド50

モンベルのインフレータータイプのマットです。

長さは150cmと180cmの2サイズで、幅は60cmです。厚さは3.8cmと5cmのものがあります。

U.L. コンフォートシステムを採用しており、複数のマットを連結して使えます。

モンベルは、ポンプ機能付きのバッグは別売になっています。

 

サーマレスト / ラグジュアリーマップ

内部のフォームが、圧力測定技術によって身体を支えるように調整された、高機能なインフレーターマットです。

厚さは7.6cmと肉厚で、断熱性能も高いので快適な睡眠が得られそうです。

183cm×51cm、196cm×63cm、196cm×76cmの3サイズ展開で、寝相に合わせてサイズを選べます。

 

コールマン / キャンパーインフレーターマット

195cm×63cmの1サイズで厚みは4cmです。サイドに配置されたボタンで複数を連結できます。

コールマンも付属のバッグがポンプ式になっています。

 

インフレータータイプのマットは種類がたくさんあり、お値段もピンキリです。

スノーピークやサーマレストは大型のものもあり、厚みもしっかりしているので快適さは保証されそうですが、その分、価格も比例して高価です。

コールマンはスペック的には標準ですが、価格が約1/3程度で収まるので、コスパ重視であればコールマンをオススメします。

 

ではまた。

Have a good camp.

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました