快適な睡眠のために重要なキャンプ用のマット選び

マットはキャンプの夜の快眠のために、非常に大きな役割を果たします。

眠る時に必要なものというとまず真っ先に寝袋が思い浮かぶと思いますが、寝袋と同じか、それ以上にマットは睡眠に影響を及ぼします。

心地良い眠りを得るためには、まずは、しっかりニーズに叶ったマットを選ぶことから始めましょう。

スポンサーリンク

キャンプ用マットの役割

キャンプ用のマットには主に2つの役割があります。

クッション性

テントのフロアはペラペラです。

寝袋だけだとクッション性が無く、地面の凹凸などが直接身体に当たります。

芝のフィールドならまだしも、土だとかなり寝心地が悪いですね。

マットを敷くことで凸凹や硬さを和らげ、快適なフロアの状態を保つことができます。

断熱性

寒さは地面からやってきます。

寝袋の下にマットを敷くことで、地面との間に層ができ、冷気を遮ることができるのも重要な役割です。

断熱効果が高い素材というのもありますが、それ以上に重要なのは、「マットの厚み」です。

厚みが足りず肩や腰回りが重みで地面に着いてしまうと、ひんやりとして眠りを妨げられてしまいます。

断熱効果を表す値として「R値」というものがあり、数値が大きくなると断熱効果は高くなるんですが、全メーカー掲載しているわけではないので、相対的な比較はあまりできません。

キャンプ用マットの種類

キャンプ用のマットにはいくつか種類があり、それぞれ異なる特徴があります。

エアマット

空気を注入して膨らませる浮き輪のようなタイプのマット。

携帯性を重視したものと、グランピングのようなラグジュアリー性を重視した大型のものがあります。

使う時に空気を入れなければいけないのがひと手間です。

息を吹き込むもの、ケースが手動ポンプになっているものなどがあります。

大型ものは電動ポンプが付いているものもあります。

鋭利なもので引っ掛けたりすると破れてしまいますので取り扱いには注意が必要です。

created by Rinker
THERMAREST(サーマレスト)
¥30,800(2020/06/02 10:10:24時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥8,778(2020/06/02 10:10:25時点 Amazon調べ-詳細)

クローズドセルマット

発泡ウレタン製のマットで、丸めたり畳んであるものを広げるだけで使えます。

片付けるときも同じように、丸めたり畳んだりするだけです。

取り扱いがラクなのが一番の特徴。

価格が比較的抑えめ、というメリットもあります。

ただ、使用時と収納時の容積は変わらないので、エアマットに比べると運搬や保管の際には若干嵩張ります。

あまり厚みはないので、冬場にこれ一枚だけで凌ぐのはちょっと厳しいですね。

created by Rinker
THERMAREST(サーマレスト)
¥6,820(2020/06/02 10:10:25時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥2,310(2020/06/02 10:10:26時点 Amazon調べ-詳細)

インフレーターマット

使用時は、空気の栓を開くと、自動的に空気が入りながら中のフォームが膨らむのでラクです。

6〜7割程度は勝手に膨らんで、仕上げに息を吹き込んでパンパンにすると、いい感じの弾力になります。

収納時は空気を抜きながら丸めていくので、作業が割と大変です。

家族全員で4本とかだと結構しんどい。

真夏だと汗をかくレベル。

ただその代わり、収納時はコンパクトにできるというのがメリット。

寝心地は、エアマットほどはポヨンポヨンせずに安定している、という感じです。

インフレーターマットもエアーマットと同じで、破れて空気漏れすることがあります。

そうなると単なる張りのない柔らかめのマットになります。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥25,964(2020/06/02 10:10:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
FIELDOOR(フィールドア)
¥7,350(2020/06/02 10:10:28時点 Amazon調べ-詳細)

コット

ちょっとカテゴリーは異なりますが、寝る時に身体の下に敷くものというくくりとしては、「コット」という選択肢もあります。

簡易ベッドですね。

地面の凹凸の影響を全く受けないため快適で、シェルターのようなフロアーが無いテントの時に有効。

ちなみにコットで寝るにしても、寒い時期は下からの冷気で寒いので、なんらかのマットは必要です。

created by Rinker
ヘリノックス(Helinox)
¥48,400(2020/06/02 10:10:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
WAQ
¥15,800(2020/06/02 10:10:29時点 Amazon調べ-詳細)

実はとても重要なマット選び

私は何度かマット選びを失敗して、ロクに眠れなかったことがあります。

極論を言うと、特に寒い時期のマットは厚ければ厚いほど良いんです。

ただ、そうするとその分だけ荷物の量も増えるので、寒さや硬さを感じないギリギリのところがベストな選択、ということになります。

夏は手軽さ重視でクローズドセルのようなマットを使い、冬場は厚手のマットか二枚重ね、のようなチョイスがいいんじゃないかな〜と思います。

ではまた。

Have a good camp.

コメント

タイトルとURLをコピーしました