キャンプでもマキネッタでおいしいコーヒーを淹れよう

私はそれほどコーヒーに強いこだわりがあるわけではなく、コンビニのコーヒーも、インスタントも普通に飲みますが、たまには豆を買ってきたり、味の好みがある、ぐらいの興味はあります。

まぁ普段はその程度ですが、キャンプをするからにはせっかくなので、少しはこだわり感を出してみようかなと思いまして、義父から譲り受けた「マキネッタ」を使ってみることにしました。

スポンサーリンク

マキネッタとは?

マキネッタとは、直火式エスプレッソメーカーのことです。

日本の家庭ではドリップ式の飲み方が一般的ですが、イタリアではほとんどの家庭にマキネッタがあるぐらい日常的なものです。

ドリップ式と違ってフィルターで濾さないので、豆が持つ本来の風味をより味わえるようです。

エスプレッソなので、深煎りの豆を使い、味は濃く、量は少なめ。

マキネッタの使い方

マキネッタの一番のメリットは、扱いが簡単なことです。

マキネッタ本体に豆と水さえあれば淹れることができます。

では、簡単に使い方を説明しましょう。

まず、マキネッタは3つのパーツから成り立っています。

調べてみたら、それぞれちゃんと名前があるようで、左からバスケットボイラーサーバー、だそうです。

一番下のボイラーに水を入れます。

目安としてこのでっぱりの下あたりまで入れるのが標準らしいです。

次にバスケットに細挽きにした豆を入れます。

挽き方は重要なので、豆屋さんで頼む時はそう伝えます。

入れ方もすりきりとかこんもりとか人それぞれあるようですが、私も「なんとなく」入れます。

豆を入れたバスケットをセットして、サーバーをしっかり取り付けます。

我が家のアレッシィはガッチャンとはめ込むタイプですが、回して締めるだったり他にもあるようですね。

しっかり締めたら弱火で火にかけます。弱火ですよ。

サーバーの水が沸騰するとポコポコと音が聞こえてきまして、ほどなくして音がしなくなるんですが、この狭間で火を止めます。

水が無くなったまま火にかけ続けると焦げっぽい感じが出てしまうのでご注意ください。

終わると上のサーバーに出来上がったエスプレッソがたまってますので、あとはカップに注ぐだけです。

サイズ

大きさによって作れる量が違いますので、人数や飲む量に合わせたものを選んでください。

〜カップ用と書かれているので、どのぐらい作れるかはすぐわかります。

ちなみに出来上がるのはエスプレッソなので、普通のコーヒーのつもりでいると、量が少なく驚くかもしれませんが、正常です

私はお湯で割ってアメリカーノか、ミルクを加えてラテとかで飲んでいます。

密閉するためのゴムパッキンは消耗品なので、長く使ってコーヒーが漏れてくるようになったら交換してください。

オススメのマキネッタ

そんなにたくさんの種類があるわけではないですが、キャンプで使える直火式のマキネッタを紹介します。

ビアレッティ / モカエキスプレス

created by Rinker
BIALETTI(ビアレッティ)
¥3,349(2020/09/28 14:25:23時点 Amazon調べ-詳細)

ビアレッティはイタリアのコーヒー専門メーカー。

直火式だけでなく、電気式のエスプレッソマシンなど色々な種類の製品があります。

モカエキスプレスビアレッティの定番モデルでイタリアシェアNo.1のマキネッタです。

アレッシィ / 9090

アレッシィはイタリアのキッチン用品メーカー。

マキネッタだけでなく、お鍋やケトル、カトラリーなど様々なハウスウェアを扱っています。

9090はイタリアの権威あるデザイン賞を受賞した、デザイン性の高いマキネッタ。

デザインだけでなく機能も追求されていて、使いやすい製品です。

我が家ではこれを使っているので自信を持ってオススメできます。

MAXI / エスプレッソコーヒーメーカー

アウトドア用に開発されたチタン製のエスプレッソコーヒーメーカー。

軽量でハンドルが折りたたみ式なので持ち運びやすいのが特徴。

手軽に美味しいコーヒーが飲めるマキネッタ

ケトルやフィルターなどが不要で道具が少なく、火にかけておけばそれだけで出来上がる。

手軽に美味しいコーヒーを飲めるという点で、ドリップよりキャンプ向きなコーヒースタイルかもしれませんね。

ではまた。

Have a good camp.

コメント

タイトルとURLをコピーしました