キャンプでもマキネッタでおいしいコーヒーを淹れよう

私はそれほどコーヒーに強いこだわりがあるわけでもなく、コンビニのコーヒーも、インスタントも普通に飲みますが、たまには豆を挽いてもらって買ってきたり、味の好みがある、ぐらいの興味はあります。

ハイ、そうです、「なんちゃって」ということです。

まぁ普段はその程度ですが、キャンプをするからにはせっかくなので、少しはこだわり感を演出しつつシャレたキャンパーぶってみようかなと思いまして、食器棚にあったコイツを引っ張り出してみました。

妻のお父上が使っていたものを譲り受けたアレッシィ(ALESSI)の「マキネッタ」です。

マキネッタとは?

マキネッタとは、直火式エスプレッソメーカーのことです。

日本の家庭ではドリップ式の飲み方が一般的ですが、イタリアではほとんどの家庭にマキネッタがあるぐらい日常的なものです。

ドリップ式と違ってフィルターで濾さないので、豆が持つ本来の風味をより味わえるようです。(私の舌ではそこまで違いはわかりませんが、、)

マキネッタの使い方

自分的なマキネッタの一番のメリットは、扱いが簡単なことです。

コレと豆と水と火さえあれば淹れられますし、終わったらジャーっと洗えばいいだけなので。

では、簡単に使い方を説明しましょう。

あらかじめ申し上げておきますが、私はあくまでも「なんちゃって」なので、妻に聞いたやり方をベースにした我流であるということをご承知おきください。

まず、マキネッタは3つのパーツから成り立っています。

調べてみたら、それぞれちゃんと名前があるようで、左からバスケットボイラーサーバー、だそうです。(^^;;

一番下のボイラーに水を入れます。

目安としてこのでっぱりの下あたりまで入れるのが標準らしいです。

次にバスケットに細挽きにした豆を入れます。

挽き方は重要なので、豆屋さんで頼む時はそう伝えます。

入れ方もすりきりとかこんもりとか人それぞれあるようですが、私も「なんとなく」入れます。

豆を入れたバスケットをセットして、サーバーをしっかり取り付けます。

我が家のアレッシィはガッチャンとはめ込むタイプですが、回して締めるだったり他にもあるようですね。

しっかり締めたら弱火で火にかけます。弱火ですよ。

サーバーの水が沸騰するとポコポコと音が聞こえてきまして、ほどなくして音がしなくなるんですが、この狭間で火を止めます。

水が無くなったまま火にかけ続けると焦げっぽい感じが出てしまうのでご注意ください。

終わると上のサーバーに出来上がったエスプレッソがたまってますので、あとはカップに注ぐだけです。

素材

本体の素材としてはアルミとステンレスの2タイプがあり、価格的にはアルミのものの方がリーズナブルです。

ただ、アルミ製は長く使っていると汚れやシミが付着してきます。

ステンレス製は汚れ・腐食に強いです。

素材によって味わいが違う論争もあるようですが、まぁどのみち私にはそこまでわからないでしょう。

これしか飲んだことないですし。。

サイズ

大きさによって作れる量が違いますので、人数や飲む量に合わせたものを選んでください。

〜カップ用と書かれているので、どのぐらい作れるかはすぐわかります。

ちなみに出来上がるのはエスプレッソなので、普通のコーヒーのつもりでいると、量が非常に少なく驚かれるかもしれませんが、正常です

私はお湯で割ってアメリカーノか、ミルクを加えてラテとかで飲んでいます。

ミルクフォーマーを持っていないので、これを機に購入しようかと思っています。

あ、それと最後に、密閉するためのゴムパッキンは消耗品なので数年使ってコーヒーが漏れてくるようになったら交換してください。

オススメのマキネッタ

ビアレッティ / モカエキスプレス

ビアレッティはイタリアのコーヒー専門メーカー。

直火式だけでなく、電気式のエスプレッソマシンなど色々な種類の製品があります。

モカエキスプレスビアレッティの定番モデルでイタリアシェアNo.1のマキネッタです。

アルミ製。

ビアレッティ / ブリッカ

特殊なバルブを内蔵しているようで、クレマ(泡)のあるエスプレッソを淹れることができます。

アルミ製。

ビアレッティ / ヴィーナス

ビアレッティのステンレス製マキネッタ。ステンレスの光沢とシンプルでスタイリッシュなデザインが特徴です。

アレッシィ / 9090

アレッシィはイタリアのキッチン用品メーカー。

マキネッタだけでなく、お鍋やケトル、カトラリーなど様々なハウスウェアを扱っています。

デザイナーズなので、とても高価なものばかりです。

9090はイタリアの権威あるデザイン賞を受賞した、デザイン性の高いマキネッタです。

デザインだけでなく機能も追求されていて、使いやすい製品です。

我が家ではこれを使っているので自信を持ってオススメできます。

ステンレス製。

アレッシィ / オッシィディアーナ

独特な形状が特徴的なアルミ製のマキネッタです。

無作為に見えますが、サーバーを開閉するときに扱いやすい作りになっています。

コーヒー周りの小道具

ミル

スノーピーク / フィールドバリスタコーヒーミル

ハンドルを折りたたんで収納できるコンパクトな手動ミル。デザイン性の高さは言わずもがな。

ポーレックス / コーヒーミル

ハンドルは取り外しでき、セラミック製の刃で豆の風味を損なうことなくコーヒーを味わえます。

細挽きから粗挽きまで粒度を調節可能。

ハリオ / コーヒーミル セラミックスリム

ハンドルは取り外し可能で、セラミック製の刃は取り外して洗えます。

2杯分の豆を挽けます。

ミルクフォーマー

スノーピーク ミルクフォーマー

スノーピークのチタン製ミルクフォーマー。

直火にかけることができます。

ミルクは沸騰させないようにしましょう。

ではまた。

Have a good camp.

スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ
ページ下レスポンシブ
スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ