緑と自然が豊かなファミリーオートキャンプ場そうり

久しぶりのファミリーでのテント泊。

花見のピークは過ぎていましたが、開花が遅い北関東のキャンプ場だったため、絶好のキャンプ日和の中、家族揃っての花見キャンプを楽しむことができました。

 

スポンサーリンク

ファミリーオートキャンプ場そうり

ファミリーオートキャンプ場そうりは群馬県みどり市にあります。

アクセスについて

東北自動車道から北関東自動車道に乗り換え、太田藪塚ICで降ります。

そこから一般道を奥日光方面に約一時間ほど北上したところにあります。

下道が長いので東京からだと3時間弱ぐらいはかかりそうですね。

アクセスがあまり良くないからか、キャンプ場が混み始める4月の半ばでも1〜2週間前で予約が取れました。

しかも当日のオートサイトは6組だけという閑散とした状態でした。

予約が埋まるぐらい混み合うのは、花見などの特別な時期だけのようです。

 

近隣に買い物をできるところは無いので、高速道路を降りた周辺で買い出しを済ませておきましょう。

高速を降りてから向かう途中にベイシアがいくつかありました。

HOME
自然豊かな群馬県みどり市東町沢入(そうり)のキャンプ場。山・川・湖そして緑に囲まれたファミリーオートキャンプ場です。いつもニコニコ管理人のネガさんが皆さんのお越しをお待ちしています^^

 

チェックイン・チェックアウトなど

3歳以上は1人あたり1泊につき300円の入場料がかかります。

オートサイトの利用料は5,500円で全サイト電源が標準装備です。

チェックインは14時でチェックアウトは11時ですが、予約を入れた時に管理人さんに、

管理人さん
管理人さん

お昼頃にきてもいいですよ。

と言われたのでお言葉に甘えて12時ごろにチェックインさせてもらいました。

チェックアウトに関しても、

管理人さん
管理人さん

日曜はチェックインする人が少ないので慌てなくても大丈夫です!

という感じでまったりアットホームな雰囲気でした。

夜10時には見回りにきてくれて場内が静かになったので子供が小さくて9時頃には寝床につく我が家としては助かります。

 

気候について

標高約500mで山間部にあるので平野部に比べると気温は少し低めかもしれません。

4月半ば過ぎ、最低気温は5度前後でした。

4月のキャンプは思いのほか寒いので、暖房器具や厚手のアウターはまだまだ必要ですね。

 

場内設備について

受付がある管理棟です。

一番左側が受付で、そこでチェックインを済ませます。

 

管理棟の中にあるトイレ。

屋内なので清潔に保たれています。

男性用の個室は洋式が2つと和式が1つです。

 

トイレの隣にシャワールームがあります。

車で5分ほどのところに温泉もあるそうです。

キャンプ場受付で割引券をいただけるとのこと。

 

シャワーの隣にコインランドリーがあります。

 

管理棟の左手にゴミ捨て場、灰捨て場があります。

ゴミの分別は、ビンとカンだけ分けてあとはひとまとめにできました。

 

キャンプ場の屋上には展望台なるものがありました。

 

建物の3階に位置するところからキャンプ場を見渡すことができます。

 

桜の木を上から。

都会ではなかなか見ることのできない気持ち良い眺めです。

 

炊事場は場内にいくつかあります。

給湯設備はありません。

 

こちらがオートサイトエリアにある炊事場です。

 

オートサイトにあるトイレ。

この日は人が少なかったからか使えませんでした。

 

フィールドの様子

広めのオートサイトの他に、2グループや3グループで使えるグループ対応サイトがあります。

 

管理棟側からサイトの方を見た状態です。

右手がグループ用サイトで左手がシングルサイト。

 

どちらかと言うとグループ向けサイトの方が人が入っていましたね。

 

シングルのオートサイトです。

中央のメイン通路から細い通路が伸びていて左右それぞれ5区画ずつ並んでいます。

それぞれの区画は植え込みでなんとなく区切られています。

 

駐車スペース込みで10m×10mほどの大きさで、ドームテントとオープンタープや大型の2ルームテント1張ぐらいは入ります。

全ての区画に電源が標準装備されています。

 

地面は芝があったり無かったりですが、あるサイトの方が少なかったですね。

そこまで硬くなく、ペグはだいたい足で踏み込めば刺さりましたが、場所によってはハンマーが必要な硬いところもあります。

 

管理棟の前にある水遊びができる池。

浅いので小さい子でも安心です。

息子が水際で遊んでいて片足をドボンとやりましたが膝下ぐらいでした。

 

水の中には小さなおたまじゃくしが。久しぶりに見ました。

 

キャンプ場の前を流れる渡良瀬川とその上を通っているわたらせ渓谷鐵道の鉄橋。

時折、大音量で一両だけの電車が走っていきます。

どこかノスタルジックな気分にさせてくれる眺めです。

奥日光に向かう道路が通っているからか、たまにたくさんのバイクが通過する音も聞こえてきました。

 

管理棟近くにトレーラーハウスのコテージがあります。

 

遅い花見キャンプ

こちらのキャンプ場では、例年4月2〜3週目頃が満開になるそうで、首都圏よりだいぶ遅めです。

遅い時は4月末頃の時もあったとか。

 

場内は至るところに桜の木があり、ほぼどの区画でも花見キャンプを楽しめます。

 

桜の薄いピンク色と新緑の黄緑色が混ざり合ってとてもきれいな色合いでした。

 

後ろからの眺め。

利用者が少なかったため前後左右の区画に誰もいない状態で、ゆったりのんびり過ごすことができました。

あえて車とテントを並べていますが、車は空いている区画に停めても大丈夫でした。

 

ファミリーオートキャンプ場そうりの印象

週末にこれだけ空いてて豊かな自然を味わうことができるこのキャンプ場はもしかして穴場なんじゃないでしょうか、、。

満員だとちょっとガヤガヤするかもしれませんが、場内や区画はしっかり整備されてて綺麗なので小さいお子様がいるファミリーには過ごしやすいキャンプ場だと思います。

 

ソロや友人と行くキャンプは気楽にくつろげてもちろん楽しいですが、やっぱり家族みんなで行くキャンプが一番幸せですね。

 

 

ではまた。

Have a good camp.

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました