夏キャンプにオススメのアウトドアサンダル特集2017

 

先日のキャンプで、履いていたサンダルのベルトが壊れる、というアクシデントに見舞われました。

長く履いていましたし、つっかけタイプでそもそもあまりアクティブにアウトドアを過ごすには向いていなかったので、これを機に週末使い兼キャンプ用のサンダルを新調することにしました。

 

スポンサーリンク

キャンプ用サンダルに求めたい条件

動きやすい

サンダルには色々なタイプがありますが、子供とのアクティブな遊びにも対応できるようにかかとにもストラップがあり、すっぽ抜けずに飛んだり跳ねたりできるものを探しました。

 

洗える

図らずも、土やぬかるんだ路面で足元がドロドロになってしまう場合があります。

アウトドアでは大事な靴を履いていかないことは基本ですが、さらに丸洗いできるものであれば汚れを気にすることなくよりいっそう気楽に過ごせますね。

 

滑りにくい

キャンプでは、沢のほとり、夜露に濡れた芝の上など、あえて挑まなくても濡れた路面に遭遇する確率が高まります。

濡れた路面は滑りやすく、過去に雨に濡れたコンクリート路面をビーチサンダルで歩いていてすっ転んだ経験があるので、そこからの教訓です。

濡れていても滑りにくいアウトソールのものを選びましょう。

 

候補に挙げたサンダル

THE NORTH FACE / ウルトラティダルⅡ

ストラップは、かかと、足首、甲、足先の四ヶ所留めで、しっかりホールドしてくれます。

ソールはベーシックな形状なので、グリップ力は平均的だと思います。

 

montbell / アクアグリッパーサンダル

水の中でも滑りにくい特殊なソール形状をしています。

インソールが足にフィットする形状になっています。

かかとは弾力のあるベルトでホールドし、足先と足首の二ヶ所のストラップで締めます。

 

montbell / ロックオンサンダル

モンベルの大ヒットゆるサンダル、ソックオンサンダルの進化版でかかとをホールドするためのストラップが付いています。

アクアグリッパーと比べると、リラックス&カジュアル向けです。

 

Teva / ハリケーン XLT

Tevaのアクティブ向けライン。

ソールが厚く、アウトソールの溝が深いので、活発に動けそうです。

かかと・足首・足先の三ヶ所がベルクロになっています。

 

Teva / オリジナルユニバーサル

Tevaのベーシックなラインでファッション性が高いタウンユースのデザインになっています。

ソール形状がフラットで、XLTよりは運動性が低そうです。

スタイリッシュにキメたい場合はこちら。

 

Chaco / Z1クラシック

ソールの中を通した一本のストラップでホールドするという特殊な構造です。

靴ヒモを締める感覚に近いですね。

インソールは足裏の形に合わせてウェーブしているのでしっかりフィットしそうです。

アウトソールはラバー混で溝が深めの形状なので、グリップ力が高そうです。

 

Gramicci / スラブ

アウトドアゆるカジュアルの王道と言えばグラミチ。

スタイルを問わない、単色でベーシックな形状をしています。

アウトソールはラバーなのでしっかり地面をグリップしそうです。

 

SOURCE / クラシック

イスラエルのサンダルメーカー「SOURCE」のベーシックライン。

アクティブ向けラインもありますがデザイン的にはこちらのベーシックラインの方がシンプルでオススメです。

 

SUICOKE / デパ-V2

タウンユースを意識したファッション性が高いデザインながら、ソールはヴィブラムソールを使用するなど、機能性も備えたサンダルです。

モードなスタイルにも合わせられそうですね。

インソールには足裏とのフィット感を高めるグリップがあります。

ベルクロはかかと・足首・足先の三点留めです。

 

アクアグリッパーサンダル

私が選んだのはモンベルのアクアグリッパーサンダルです。

モンベルからは他にも履き心地が良さそうなサンダルがリリースされていますが、その中でもアクティブ度が高そうなアクアグリッパーにしてみました。

 

カラーはガンメタルと迷って、このブリックにしました。

足のサイズは27.5cmでLサイズがジャストでした。

 

かかとをホールドするベルトは写真のように柔らかく弾力性のある作りで、気持ちの良い肌触りです。

弾力によりフィット感はありますが、長時間きつく締めた状態で履いていると、かかとの上のアキレス腱の部分が少し痛くなりました。

27.5cmなんですが、私は左足の方が少し大きいので、左足だけ痛くなりました。

すこ〜し緩めに履いておけば特に問題ありません。

サンダルとは言えサイズ感の重要性を感じたので、できることなら試着しての購入をオススメします。

 

アウトソールはかなりデコボコして水はけが良く、滑りにくそうですね。

ラバー混なので乾燥した地面ではむしろ若干引っ掛かるぐらいです。

 

 

購入してすぐに、娘との水遊びで岩場の浅瀬に入りましたが、全くもって滑る気配はなかったので、見た目だけでなく性能も実証されました。

 

かかとのインソールは柔らかくクッション性があります。

 

インソールのフチの部分がせり上がっているので足にフィットします。

 

ストラップは足首・足先の二ヶ所で留めるタイプです。

 

ちょいオススメポイントとしては、かかとのストラップがベルクロじゃないので、二ヶ所を緩めにしておけばいちいち全部のベルクロを締めなくても、ちょっとしたつっかけ履きができるという利点があります。

 

夏のアウトドアアクティビティに向けてお気に入りの一足を探してみてください。

 

ではまた。

Have a good camp.

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました