360度カメラ「THETA(シータ) SC2」を使って秋の紅葉キャンプの撮影をしてみた

美しい自然の風景や家族がキャンプで過ごしている様子を写真に撮ることは、私のキャンプの楽しみ方のひとつでもあります。

普段は一眼レフで撮影をしていますが、今回は全方位を撮影できるという360度カメラを使って、一体どんな写真が撮れるのか紅葉キャンプの様子を撮影してみました。

スポンサーリンク

THETA SC2ってどんなカメラ?

こちらがその360度カメラ、RICOH(リコー)の「THETA SC2」です。

THETAにはいくつかのグレードがある中で、このTHETA SC2は比較的安価な、エントリー用のモデル。

それでも税込36,800円とそこそこのお値段ですけどね。

手のひらにすっぽり収まる小ささで、重量は約104gとポケットに入れておいても気にならないコンパクトサイズ。

両側にある超広角レンズの画像を合わせることで、360度の画像が作り出されているようです。

本体に記憶媒体が内蔵されているので、そのまますぐに撮り始めることが可能。

静止画だけでなく、動画も撮って楽しむことができます。

通常のカメラだと前面しか撮れないところ、上下左右全て写すことができるので全体の様子を伝えるのに適しています。

オプションの自撮り棒を使うと、高い位置から撮影できるようになり、より臨場感のある写真を撮ることができるようです。

参考までにiPhone 11 Proの超広角レンズ・焦点距離13mm相当で撮るとこのような写りになります。

これでもかなり広い範囲が写っていますが、360度というのは一体どのような写りになるんでしょう??

スマートフォンのアプリで簡単撮影

theta360.com

本体の中央にあるボタンを押せば撮影できますが、どのように写っているか確認できないので、スマートフォン用の専用アプリを使っての撮影がおすすめ。

ダウンロードしてWi-Fiで繋げばすぐ撮影できます。

撮影時に、ホワイトバランスやシャッタースピードなどの設定を変えることも可能。

撮りたいものや、場面に合わせた設定で撮る楽しさを味わえますね。

公式サイトにアカウントを作成しておけば、その場でギャラリーにアップロードして共有することもできます。

RICOH THETA
1回のシャッターで、あなたを取り囲む全ての景色を簡単に撮影することができます。RICOH THETAで、今までにない新しい映像体験をお楽しみください。

実際に360度写真を撮ってみた

百聞は一見に如かずということで、実際に秋に訪れたキャンプ場で撮影してきたので、そちらをご覧ください。

五光牧場オートキャンプ場

長野県南部、山梨県との県境近くにある高原のキャンプ場、五光牧場オートキャンプ場。

広々としたフリーサイトで、唐松の葉が黄色く染まっていました。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

見る時は、こんな感じでグルっと動かしながら全方位を見ることができるんですね。

気持ち良い秋晴れの中、3家族でのグループキャンプ。

青空に向かって伸びた針葉樹の林の中に、テントを並べて過ごしました。

The Camp & Garden AMANAYU

続いてはしょっちゅうお世話になっている、山梨のAMANAYU。

ゆとりのあるサイトレイアウトと自然の景観が魅力のキャンプ場です。

紅葉のピークの終わりかけぐらいで訪れることができました。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

綺麗に色づいた森に、太陽の光が差し込んでいます。

ANOTHAPLACE

最後に訪れたのは、2021年のオープンに向けて準備中の静岡県のキャンプ場、ANOTHAPLACE。

美しいもみじの木が立ち並ぶ、まさに紅葉シーズンのためにあると言っても過言ではないキャンプ場。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

緑、黄色、赤とグラデーションになった紅葉の木に光があたり、輝いていました。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

カメラの周りを子供たちにぐるっと囲んでもらって撮った一枚。

人数が多くてもしっかり収まるので、景色と共に自撮りをするのに向いてますね。

たくさん貼り付けるとページの処理が重くなってしまうので最低限にしましたが、他に撮ったものはTHETAのギャラリーページでご覧いただけます。

Posted Images | aktreturn | RICOH THETA

旅の思い出作りにピッタリなお手軽カメラ

普通のカメラと違って、一部分を切り取るのではなくその場の全てを写真に収めることができるので、訪れたところをメモリーしておくためには効果的なカメラだなと感じました。

まだ慣れていないため充分に使い切れていない感はありますが、使いどころを理解して撮れば、臨場感のある壮大な写真を撮ったりすることもできそうです。

ではまた。

Have a good camp.

コメント

  1. 長澤 より:

    返信ありがとうございます。
    いや、実はすれ違いざまに感じ良く挨拶いただきました。既に。
    しかしキャンプ場でまたお会いできたら改めて挨拶させてください。

    ブログ作成大変でしょうが、応援させていただきます。

    • aktreturn より:

      おっと、そうでしたか!
      それは失礼しました。
      ではまたお会いできたら改めてその時に!

  2. 長澤 より:

    もしかして11月中旬の週末にamanayu行かれてましたかね。お見かけしたような。

    こちらのサイトでamanayuを知り、初訪問しました。
    素晴らしいところでした!いつも良い記事をありがとうございます!!

    • aktreturn より:

      長澤さま

      はじめまして、ブログご覧くださりありがとうございます!
      そうですね、11月中旬はamanayuにいました!
      坂を登った右手のサイトでしたね。

      とても過ごしやすいおすすめのキャンプ場なので、気に入っていただけて何よりです!
      ご期待に添えるよう今後も投稿続けていきたいと思います。

      またamanayuでお会いできたらぜひご挨拶させてください。

タイトルとURLをコピーしました