ExCAMPを使って眺望が抜群の貸切キャンプ場に行ってみた

キャンプでは静かに過ごしたい派です。

ハイシーズンは混み合ってなかなかそうもいかないこともあるんですが、貸切だったら自分たちしかいないから確実だよね、ってことでモノは試しでちょっと気になっていたExCAMPのプライベートサイトを利用してみることにしました。

スポンサーリンク

夜景が綺麗なプライベートキャンプ場

今回利用したのは茨城県土浦市にあるプライベートサイト。

筑波山の中腹にあるいやしの里という旅館の施設内にあるパークゴルフ場をキャンプ場として利用できます。

 

利用料は4人までで9,200円で、1人あたり2,300円で追加できます。

最大20人まで可なのでグループでもOKですね。

施設の方が、騒いでも大丈夫ですよ、と仰っていたので、必ずしも静かに過ごしたい人のためというものでもありません。

チェックインは14時からとなっていますが、わりと融通が利くようで事前に連絡して12時過ぎにはチェックインさせてもらえました。

チェックアウトは11時です。

ゴミは持ち帰りです。

利用できる設備

キャンプ場にはトイレと小さな水場があるだけですが、旅館の設備も利用できます。

トイレ・炊事場

常時使えるトイレがパークゴルフ場の脇にあります。

ウォシュレット完備です。

閉館時間の23時までは旅館のトイレを使うこともできます。

トイレの横に給水設備があります。

厳密に言うと炊事場ではありませんが、水を汲んだり軽い洗い物程度であればできます。

飲用ではないので飲み水は多めに用意しておいた方が良いでしょう。

お風呂

夜の入浴1回分は無料で旅館の浴場を使うことができます。

最終受付は22時半です。

時期のせいか旅館自体が空いていたので、お風呂は貸切状態でした。

売店など

キャンプ場ではないので薪やキャンプ用品の販売はありません。

軽食程度なら販売しています。

必要ならば食堂もあります。

イオンモールつくばのWILD-1から30分ほどなので、そこで調達してくるのもアリですね。

 

サイトについて

いよいよメインのサイト紹介です。

場内のどこにでも設営できます

広〜いパークゴルフ場を貸切で使えます。

もうすでに眺めが良いですね。

前日に雪が降ったのでうっすら残っています。

どこに設営してもいいですよ、とのことでしたが、まぁ無難に一番抜けが良いSS席を選びました。

サイトからの眺め

設営するとこんな感じ。

こちらが最前列のSS席です。

ここを独占できます!

テントで座った状態からの眺め。

雲が多めでもやがかっていますが、スカイツリーまで見渡すことができました。

見切れていますが、左手には霞ヶ浦が広がっています。

景色そっちのけでラーメンをすすり。

イワタニの炉ばた大将とシンデレラフィットのユニセラ熱燗あぶり台で酒に酔いつつ。

おっさんが揃って景色に酔いしれる。

 

私はノンアルなのでお酒には無縁ですが、酒飲みには炉ばた大将と熱燗あぶり台の組み合わせは良いようです。

車の乗り入れはできません

ここで大事な情報をひとつ。

サイトには車の乗り入れができません。

鈍った身体には堪える45段の階段が待ち構えています。

男5人で3〜4回荷物を抱えて登り降りしたでしょうか。

普段から身体を鍛えておくことをおすすめします。

一番前に張ろうとすると階段からさらに30mほど歩きます。

なるべく軽装で行くことをおすすめします。

冬なので、ストーブなど色々ありましてそこそこ大変でした。

見応え抜群の夜景

本当の見せ場は陽が落ちてから訪れました。

紹介ページに書いてあった通り、見事な夜景を堪能できます。

ヘキサライト6Pのパッカン状態の後ろ姿もなかなか見応えがあります。

この幕は友人所有のものですが、とても使い勝手が良くアウトドアショップで見かけるといつもウズウズしてしまいます。

ニーモのヘキサライト6Pで冬キャンプのシェルター効果を体感
テントの外で過ごす際、夏場は日除けや雨除けとして大いに活躍してくれたオープンタープですが、寒くなってくると位置付けがちょっと変わってきました。 冬場に考えなければいけないのは日除けではなく、風除けだったんです。 ...

もう夜景というか、街の灯りがどこまでも続いています。

曇りなので、残念ながら星空は見えず。

二日目は朝からずっと雪が降り続き、厳しい撤収作業となりました。

山を降りたら雪は降っていなかったので、少し気温が低めなようです。

 

また温暖な季節に来たら身軽に楽しめそうだな〜、と。

ここは、キャンプ場として営業した方が儲かるんじゃないでしょうか、、。

ExCAMPを使った感想

ExCAMPでの予約はウェブ予約ができる普通のキャンプ場と同じような感じで簡単でした。

ただ、予約が完了するまで詳細な場所がわからない仕組みになっていて、そこはちょっと不便に感じました。

今回はメンバーの中に茨城在住者がいたのでわかりましたが、キャンプ場を選ぶ時に場所はわりと大事な要素のひとつだと思うので、あらかじめ分かった方が決めやすいかな、と思います。

事前にクレジットカードで決済できるという点はとても便利でした。

当日の現地での決済は混み合う時がありますからね。

今回利用した土浦のプライベートサイトは当たりでした。

サイトには満足で、施設の方の対応も良く機会があればリピートしてみたいな、と思っています。

キャンプ場として運営しているところではないのでなんでも揃っているわけではないですか、特に困るということもありません。

他にも近隣でいくつかプライベートサイトがあるようなので、そこも行ってみたいですね。

今後、もっとプライベートサイトの登録数が増えればいいな〜。

 

 

ではまた。

Have a good camp.

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました