レジ袋有料化!大容量のオレゴニアンキャンパーのエコバッグはキャンプの買い出しでも活躍!

2020年7月からレジ袋の有料化が始まりました。

何を買おうか迷っているうちにエコバッグ難民になりかかっていたんですが、何度か袋が無くて有料袋を買うという状況に陥ってしまったので、試しに気になっていたオレゴニアンキャンパーのエコバッグを導入してみました。

スポンサーリンク

マーケットトートの特徴

こちらがそのオレゴニアンキャンパーのエコバッグ(収納状態)です。

一目でオレゴニアンキャンパーとわかる、おなじみのマルチカム柄。

収納ケースから取り出してみました。

全面マルチカム柄です。

ちなみに正式な名称は、エコバッグではなく、「マーケットトート」と言います。

価格は税込3,080円。

巷のいわゆるエコバッグより、若干高め。

リバーシブル構造で、裏返すとコヨーテの生地にマルチカムのメッシュポケットの組み合わせ。

私はこちら側で使う方がしっくりきてます。

メッシュポケットもコヨーテになっている、全面無地のタイプもあります。

バッグ自体が大きいこともあり、収納サイズは思っていたより大きめ。

ちょうど成人男性の手ぐらいの大きさです。

フックが付いていて、バッグなどに吊り下げることが可能。

ベルトループに引っ掛けてみたり。

こうやってみると、けっこう存在感があることがわかるかと。

ケースに収納する時は、畳んでギュッと押し込む感じです。

バッグ側にも、ケースを取り付けておくためのDカンが付いています。

ここに付けておけば、ケースだけ失くしてしまう心配もありません。

created by Rinker
Oregonian Camper(オレゴニアンキャンパー)
¥3,080(2020/09/19 09:59:18時点 Amazon調べ-詳細)

マーケットトートのここが良い

単なるエコバッグにしては機能性が高い、オレゴニアンキャンパーのマーケットトート。

ここが便利だなと感じた点を紹介します。

大きくてたくさん入る

このバッグ、身長180cmの私が持ってもこのボリューム。

マチもあるので、かなりの容量。

大柄なスナック菓子の袋でも、たくさん入ります。

生地が厚くて丈夫

バッグの生地は、丈夫な210デニールのポリエステルリップストップ。

テントのボトムに使われるレベルの、しっかりした生地です。

それがリバーシブルで二重構造になっているので、たっぷり入れても破れる心配はありません。

メッシュポケットで仕分けできる

無地の面に付いている、メッシュポケットは、小さめと大きめの2つに区分けされています。

買ったものを分けて入れたり、財布を入れたりしておくのにいいですね。

見た目が映える

キャンプに行く途中にスーパーで買った、食材やお菓子が入った白いビニール袋。

そのまま置いておくと途端に生活感が出てしまうので、気になって隠したりしていた方も多いんじゃないでしょうか。

その点、このバッグならサイトに馴染むマルチカム柄なので、そのまま置いといても全く気にならないところがいいですね。

普段もキャンプでも大活躍なショッピングバッグ

イザ買ってみたら、思っていたより大容量だったこともあり、コンビニでちょっとというよりスーパーなどでガッツリ買ったものを入れる、という用途の方が合っている感じがしました。

たくさん買う時は車で行くことが多いので、このバッグも車に積みっぱなしにしておけば、キャンプの買い出しも含め、忘れることなく活躍してくれそうです。

created by Rinker
Oregonian Camper(オレゴニアンキャンパー)
¥3,080(2020/09/19 09:59:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Oregonian Camper(オレゴニアンキャンパー)
¥3,080(2020/09/19 09:59:18時点 Amazon調べ-詳細)

ではまた。

Have a good camp.

コメント

タイトルとURLをコピーしました