キャンプでアウターをスッキリ保管できるミニマルワークスのハンガーI

韓国のアウトドアブランド・ミニマルワークスのハンガーと言えば、インディアンハンガーというハンガーラックがよく知られています。

たしかに色々なものを掛けられて便利そうです。

ですが、今回私が推したいのはインディアンハンガーではありません。

ただのハンガーです。

スポンサーリンク

ミニマルワークスのハンガーI

商品名は「HANGER I」です。

名は体を表しています。

説明の必要がないぐらいシンプルで、二本の短いポールをテントのポールのように結合するだけで使えます。

ショックコードで繋がっているので、使用中に外れてしまったりする心配はありません。

両端の留め具は外すことができ、中を通すような物を掛ける時などに便利。

写真のように、フックやロープにグルっと回して引っ掛けます。

落ちなくていいですね。

折り畳んだ時の長さは24cmで、とてもコンパクトなので気軽に携帯できます。

写真のようにフックでロープを絞ると、固定されて開かなくなります。

重さはたったの33g。

携帯用の洋服を掛けるハンガーは、これまでに幾度となく欲しくなるも、選択肢が少ないこともあり見送ってきました。

やっと、シンプルで無駄のないデザインのハンガーが出てきたので、この度導入される運びとなりました。

税込1,540円と価格もお手頃。

ブラック・ブルー・レッドの3カラーあります。

こんな時にハンガーが役立つ

かなりピンポイントのアイテムですが、キャンプでは、このように活用されます。

テント内が暑くてアウターを脱いだ時

秋冬春のキャンプでは薄手厚手色々ありますが、アウターはマスト!

外は寒くてもちろんアウターを着るけど、ストーブを点けたテント内は暑くて脱ぐ、みたいな時に置くところがありません。

チェアに引っ掛けたりもできますが、落ちてしまったりして、なんだかんだ邪魔になります。

自宅でも帰宅したら上着を脱いでハンガーにかけるので、これはもう必然なんですよね。

厚手の重みがあるものも掛けられます。

レインウェアが雨で濡れた時

夏場でも、雨の時はレインウェアを着たりしますね。

濡れた状態のアウター、どうしましょうか?

首元にあるループをちょっとしたフックなどに引っ掛けたりもできますが、乾きやすくするために広げて干したい。

これにより、オールシーズン使うものであることが確定しました。

洗濯物を干したい時

2〜3泊程度までなら、必要な服を全部持っていって洗濯せずにそのまま持ち帰る、というやり方でも大丈夫ですね。

ただ、それ以上になってくると、洗濯せずに乗り切る、というのがキツくなってきます。

服の量が増えて荷物が嵩張るし。

洗濯したら、ハンガーは必要ですよね。

お風呂で使ったタオルを干したい時

お風呂やシャワーの後に身体を拭いたタオル、濡れているのでどこかに掛けて乾かしたいですよね。

ハンガーを導入する前、お風呂上がりに使ったタオルは、ロープを張ってそこに干していました。

ただロープだとテント内を跨いでしまい、過ごしている時に邪魔になってしまいます。

ハンガーなら端の方の寄せて掛けておけるので、邪魔になりにくい。

掛けるところが無い場合はインディアンハンガーを

我が家は、ハンガー用のレールが付属しているテントを所有していることもあり、掛ける場所にはさほど困っていません。

レールが無いテントでも、フックなど引っ掛けるところはわりとあるので。

@tomotech54

もしテントに掛けるところが無い場合、やはりインディアンハンガーのようなハンガーラックもあった方が便利かと。

インディアンハンガーは、アウターなどを掛ける場合、Lサイズ以上がおすすめです。

created by Rinker
minimal works
¥10,450(2020/10/19 14:56:07時点 Amazon調べ-詳細)

実はマストアイテムなハンガー

ここまで読んでお分かりいただけるかと思いますが、ハンガーはキャンプにマストなアイテムだったんですね。

特にアウターが必要な寒い季節の重要度は高め。

まぁ家のクローゼットからハンガーを持ち出してもいいんですけどね。

普通のハンガーだと嵩張るし、そうでなくても理由をこじつけて買いたくなってしまうのが、ギア好きの悲しい性、、。

ではまた。

Have a good camp.

コメント

タイトルとURLをコピーしました