キャンプ棚の定番ユニフレームのフィールドラックを使い倒す

以前テーブルの投稿でも書きましたが、キャンプに行った時のモノの置き場所やレイアウト組みは意外と難しいところです。

特に考えずにいると、だいたいは置き場所に対してものがあふれるような感じになってしまうんじゃないでしょうか。

私だけ??

だんだんと感覚を掴みながら、少しずつ自宅のように収まりと使い勝手が良いレイアウトに仕上げていきたいですよね。

ユニフレーム フィールドラック

重さ1.7kgで幅60cm×奥行35cm×高さ23cmのサイズです。

足をたたむと高さは1cmと超コンパクトになります。

価格は税込3,900円とリーズナブルで、以前はシルバーだったんですが、2017年から黒のカチオン塗装にリニューアルしました。

個人的には黒の方が好きなので、慌てて先に買わなくて良かったです。

分散対荷重が30kgあるので、けっこう重いものも載せられます。

我が家の重いYETIタンドラ君も支えてくれてます。

別売でステンレスとウッドの天板が出ているので、組み合わせてテーブルとして使うこともできます。

細かいものを載せるのでなければ、そのままでもテーブルとして使えます。

マグカップぐらいであれば問題無いですね。

私は最初に3台購入したんですが、追加で1台購入して4台所有しています。

直置きを避けるために、とにかく色々なものの台として統一して使っています。



なにやらユニフレームの回し者みたいになってきましたね。(^^;;

フィールドラックの使い方

開封するとこのような状態です。

収納時もこうです。

複数だと重さはそこそこですが、収まりはコンパクトです。

脚を起こして、外側にあるバーに引っ掛けます。

けっこう力が要ります。

ラックの端に親指を掛けた状態で脚を握って、外側にグイッと引っ張る感じで引っ掛けます。

反発力があるので指を挟まないようにご注意ください。

はめ込みの図はこんな感じ。

引っ掛けたところです。

これを両方やります。

できあがり。

設置はひとつにつき10秒ぐらいです。

ちょっとした物置台としても重宝するので、余分にひとつぐらい持っていてもいいんじゃないでしょうか。

積み重ねて使えます。

高く積む時は、別売のコンプレッションベルトで固定した方がいいようです。

フィールドラックの活用例

我が家ではこのような使い方をしています。

ギアコンテナ台。

コンテナの汚れ防止と取り出しやすくするために。

WILD-1のマルチギアコンテナがジャストフィットです。

クーラーボックス台。

クーラーボックスは地面から離して置いた方が保冷力の維持につながります。

こうすれば下のラックにはクッカーなど調理器具が置けます。

座面高42cmのアディロンダックキャンパーズチェアに腰掛けると調理するのにちょうど良い高さです。

どこまでも立ちたくない感が伺えます。。

立ち作業用にこういう応用もできますね。



アイデア次第で使い方は色々と広がりそうです。

tomotechさん(@tomotech54)がシェアした投稿


こんな感じにすっきりレイアウトできたら気持ちいいですね。

フィールドラック関連一式

フィールドラック
コンプレッションベルト1300
ステンレス天板
ウッド天板

ではまた。

Have a good camp.

スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ
ページ下レスポンシブ
スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ