柏にオープンしたアルペンアウトドアーズはこんなショップだった

いや、実はオープンした2019年4月19日に行ったんですが、なかなか他の投稿の合間に差し込むことができず、こんなタイミングになってしまいました。

せっかく行ったからには、店内の様子や気になった点を紹介しつつ、どんなユーザー層に向いているショップなのか考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

アルペンアウトドアーズフラッグシップ柏


店名の通り、アルペンアウトドアーズフラッグシップ柏は、千葉県柏市にあります。関東では知られた国道16号沿いです。

近くに駅は無いので行くなら車必須ですね。高速のICからもそれほど近くないです。16号は混むんだよな〜。

色々な地域に新規オープンしてますが、旗艦店という扱いなので、より魅力的な品揃えが期待できます。

まずはざっと店内の様子を

オープン初日のお昼過ぎごろ。駐車場がほぼ埋まるぐらいの賑わいでした。

まぁ広いですからね。けっこう人がいてもあまり混んでる感じはしません。

キャンプがメインの1F

1Fはキャンプギアで埋め尽くされており、フロアの中央付近にはテントの展示スペースがありたくさんの幕が張られていました。イメージしやすいようにギアが実際に使う感じでディスプレイされています。

snow peakやColemanなどの大手メーカーはショップインショップになっています。正面入口の外にはsnow peakのカフェがありました。

2Fはアパレルとアクティブ系ギア

2Fはアウトドアアパレル、バイク、スケートボード、SUPなどのスポーツギアを扱っています。書籍とキッズコーナーもあります。

アパレルの在庫はわりと厚めな印象で、他で品切れになっているようなものも置いてあったりしました。

グランドオープンだからかもしれませんが。

3Fはマウンテン系

3Fはマウンテン系のウェア、トレッキング、トレイル、スキー、スノーボードなどの山ギアが中心です。

U.L.系のテントやマット、シュラフなどキャンプで使えるものもたくさんあるので見応えがあります。

マットの寝心地体験コーナーはキャンプ用とマウンテン用でゴツゴツ感が異なっていたのがリアルでした。

ひととおり見て回った感想

さて、では実際に全フロアくまなく見て感じたことを書いてみます。

とにかく商品量がすごい

この点は間違いないです。とにかくフロアを埋め尽くさんばかりのギアが取り揃えられています。これまでに行ったどのショップよりも商品力は多かったです。

また膨大なギアの量にも関わらず、種類別にディスプレイされているので、商品は探しやすく戸惑うことなく見ることができます。

チェアがズラーっと。

クーラーがズラーっと。

寝袋がズラーっと。

タンブラーがズラーっと。

Go Proのようなガジェットも。

ナイフも。

みたいな感じです。

大物のテントなどは実際に陳列されているものの他に商品カードが置かれていて、それで販売状況を掴めるのはわかりやすかったです。超大型店ならではの工夫ですね。

広く浅くな品揃え

品揃えに関しては、キャンプだけでなくアウトドア全般扱っています。

ウェアに始まりトレッキング、トレイル、バイク、スケートボード、スノーボード、スキー、ウォータースポーツなどなど。

正直な感想としては、ちょっと薄めのバイクやスケートとかは専門店に任せてしまって、その分もうちょっと他に振ってもいいんじゃないかな〜と思いました。

が、幅広い層にリーチするためにはこういった入口的な商品も必要なのかもしれませんね。

ちょっと珍しいものもある

Coleman、snow peak、ロゴスなどの大手メーカーに加えて、SotoLaboやironcraft、muraco、ネイチャートーンズのようなガレージ系のギアや、海外幕のローベンス、エアフレームテントのHeim planetなどこれまでの大型店ではあまり見ることができないラインナップがありました。

男前なキャンプサイト作りを目指す上でおさえておきたいギアブランド6選
キャンプを始めて早2年、いつかは納得のいくサイトを作り上げることを夢見るも、まだまだ沼の中をもがき続ける日々。 「こんな感じがいいな〜」というおぼろげなイメージはあるものの現実はなかなかそこには辿り着けません。 サイトの雰囲...
アイアンクラフトの焚き火ギアで男前なキャンプスタイルを楽しもう
火遊び、もとい火いじりはキャンプの醍醐味のひとつです。 バーナー、ストーブ、ランタン、そして焚き火。 キャンプの間はいつも傍に揺らめく炎があります。 そんな火と共に過ごす時間をより快適に便利に、そして男前にしてくれ...

他にも人気が高いNordiskやHILLEBERG、NEMO Equipmentなどももちろんあります。そう言えばキャンプ用品としてのmont-bellは扱っていなかったような。

テントのラインナップ的には、これから初めてテントを買う方はもちろん、初めてのテントを使った経験を踏まえセカンドテントを買おうと思っている方のニーズも充分に満たせるであろうものでした。

常設テントは多め

店舗が大きいだけあって、展示スペースが広く常設の展示テントの数は多めで、山岳用のテントも含めると常時20種以上は見れそうです。1Fには設営スペースがあるので、色々な種類のテントの設営講習を受けることもできそうですね。

イベントならまだしも常設でこれほどたくさんのテントを体験できるというのはこれまで見たことが無いですね。

飲食・キッズコーナーはありがたい

キャンプ用品の物色はけっこう時間がかかります。アレとコレで迷ってちょっと考える時間が欲しくなる時もあります。そんな時にひと息つける場所があればゆっくりと検討することができますね。

お子さまは基本キャンプ用品に興味は無く長時間いると飽きてしまうので、キッズコーナーがあるのは助かるんじゃないでしょうか。

駐車場がアウトドアらしからぬ

ラインナップとは全く関係ないですが、駐車場にちょっと物足りなさを感じました。

まず停められる台数がそれほど多くない。オープン日とは言え平日だったので並ばずに入れましたが、入ってみると収まりきらずに枠外に誘導されている車もけっこうありました。

あと立体駐車場メインで、最大高がたしか220cmまでだったかな。キャンプをやる人はルーフボックスを積んでいる人が多いと思いますが、ワンボックスカーでボックス積んでいたりするとけっこう危ないんじゃないでしょうか。

怪しい方は行く時は下ろして行きましょう。

まとめるとこんなお店

品揃えのボリュームは充分でしょう。何もない状態からキャンプに行ける一式がしっかり揃います。バリエーションが多いので、それしか選べない、ではなく選択肢も豊富です。価格帯も広い。

また、必要最低限は持っているけど、無くても事足りるやつだけどアレも欲しい、今持っているものに満足していないところがある、もうちょっと変わったものが欲しい、というような欲を持ち始めたキャンプ沼一巡目終盤から二週目序盤ぐらいのニーズもしっかり満たしてくれそうです。

ウェブやSNSで入念に情報収集していて、頻繁にアウトドアショップに行っているような方だと既視感があってそれほど目新しさは感じないかもしれないですね。

これから始めるという状況だと、情報量が少なく定番のものに収まりがちですが、そこが少し広い状態から入ることができるという意味で入口としては良いショップだと思います。

ではまた。

Have a good camp.

コメント

タイトルとURLをコピーしました