標高1200mで涼しく過ごせて開放感のある景色を楽しめる内山牧場キャンプ場

内山牧場キャンプ場

 気温が上がってくると行きたくなる、高地のキャンプ場。比較的涼しく、過ごしやすいことに加え、低地では味わえない眺望の良さも楽しむことができます。

 6月の中旬に、長野県にある、内山牧場キャンプ場に行ったので、場内の様子や気づいたことなどをレポートします。

スポンサーリンク

内山牧場キャンプ場

内山牧場キャンプ場

 内山牧場キャンプ場は、長野県の佐久市にあります。高地の高台にあるため、周囲を見渡せる見晴らしの良い景色が特徴。

 キャンプ場の近くには広いコスモス園などがあり、様々な自然の景観を楽しむことができる環境です。天気が良ければ、船のようにせり上がった形が特徴的な、荒船山を望むことができます。

内山牧場キャンプ場

 チェックインは12時からですが、良いポジションの確保のためにはプラス1,000円かかりますが、アーリーチェックインして10時に入ることをおすすめします。ポジション取りについては後半の方に記載してあります。管理棟内には食事処もあります。

アクセスについて

 上信越自動車道の下仁田ICで降りて、下道を45分ぐらい走ると着きます。軽い山道がありますが、それほど険しくも細くもありません。

 道すがらにコンビニ何軒かとホームセンターなどがあったので、軽い買い出しはできます。温泉もあり、帰りに寄ってのんびりと疲れを取ったりもできますね。

開放感のある眺めを楽しめるフリーサイトの様子

内山牧場キャンプ場

 内山牧場にはフリーサイトと区画サイトがありますが、今回利用したのはフリーサイト。車を横付けできる、かなり広々としたサイトです。見晴らしの良さなど内山牧場らしさを感じるには、フリーサイトがおすすめ。実際、今回の宿泊した際、区画サイトを利用している方は見当たりませんでした。

内山牧場キャンプ場

 マップ右上の管理棟でチェックインをした後にまた車に乗り、左にある大きい○で囲んだフリーサイトに行きます。まぁまぁ離れていて砂利道なので、何か買うものがあってまたサイトから管理棟に行く時などは、車で行きたくなります。

内山牧場キャンプ場

 管理棟からサイトへ続く道。この道の先にフリーサイトがあります。

内山牧場キャンプ場

 サイトに入る道の脇に灰捨て場があります。灰の処分は有料で、100円で写真の袋を購入し、それに入れて灰捨て場に捨てます。くれぐれもサイトに放置などしないようにしましょうね。

 ちなみにゴミは捨てられないので持ち帰りましょう。

内山牧場キャンプ場

 フリーサイトへ向かう道の途中。区画サイトエリアを抜けて、フリーサイトへ行きます。

内山牧場キャンプ場

 さらに進むと、ドーンと開けたフリーサイトに到着。奥の方は高台になっています。

内山牧場キャンプ場

 ちなみに地面は通路以外は綺麗な芝なので、テントが汚れなくて助かります。土も硬すぎず、ペグダウンはラクでした。

内山牧場キャンプ場

 テントから眺める荒船山。山あいのため、時間帯によって雲がかかったりガスったりしましたが、幸い撤収まで雨に降られませんでした。そして、撤収完了して車に乗った途端、大雨が降るという、、。

内山牧場キャンプ場

 空きスペースで靴飛ばしをして楽しむ子供達。広いフィールドだとボール遊びなど伸び伸びと楽しめるのがいいですね。

内山牧場キャンプ場

 青空が出ると本当に広々として気持ち良かったです。

サイト内の設備について

内山牧場キャンプ場

 こちらは水場とトイレ棟。以前は、トイレが清潔じゃないなどのコメントも見ましたが、令和2年に新設されたそうで、とても綺麗でした。

内山牧場キャンプ場

 こちらが水場、出るのは水だけですが、大きなシンクに広い作業台があり、使いやすそうです。

 手前に汚れ物専用の流しがあるので、炭火で汚れた網などはそこで洗いましょう。

内山牧場キャンプ場

 お隣にあるシャワー棟、こちらも綺麗です。

特に眺めが良いおすすめポイント

内山牧場キャンプ場

 フリーサイトは高低差があるため、場所によって見晴らしの良し悪しがかなり変わります。荒船山があるのはマップの矢印方向で、そちらに向かって徐々に下がっています。

内山牧場キャンプ場

 マップの赤丸あたりから、荒船山方面を見るとこんな感じです。一番高いところですね。あまり前の方に行くと周囲を木で囲まれているため、視界が遮られてしまうんですよね。

 やはり見晴らしが良いポイントが人気で、高台の方から順に埋まっていきました。良い場所を取りたいのであれば、アーリーチェックインはマストですね。

 6月の普通の週末で、アーリーチェックインをして10時15分ごろに着きましたが、前には既に10組ほどは入っていました。

真夏の日差しに注意

内山牧場キャンプ場

 標高が高く、平地よりは気温が低いとは言え、それでも夏場はそれなりに気温が高くなります。

 内山牧場キャンプ場は、開放感がある分、日差しを遮るものがありません。しっかり遮光できるタープなど忘れないようにしましょう。

開放的なパノラマビューを楽しめるキャンプ場

内山牧場キャンプ場

 高地のため、天候が変わりやすいというのはありますが、晴れれば気持ちいい眺めを楽しむことができる、開放感抜群のキャンプ場。この時の夜はあいにくの曇り空でしたが、晴れれば星空も綺麗に見えそうですね。

ではまた。

Have a good camp.

コメント

タイトルとURLをコピーしました