ソロでキャンプに行くのにちょうど良いサイズのテントを探してみる

我が家のこれまでのキャンプメンバー構成を振り返ってみると、ファミリーでのグルキャンが6割・ファミリーだけが2割・父だけ友人とが2割ぐらいです。

私だけの出撃がだんだん増えてきたこともあり、毎度ファミリーキャンプ用のテントを使うのは積載、運搬、設営の面から非効率的だなぁ、と感じるようになってきました。

荷物が多いとオートキャンプしか行けないですしね。

となると欲しくなってくるのが軽くて小さくて扱いやすい少人数用のテントです。

 

スポンサーリンク

ソロ用のテントが必要な言い訳

先日、道志の森キャンプ場で久しぶりにテントの中で1人で寝る、というのをやりました。

1人きりはキャンプを始めて以来、2回目です。

ドックドームPro.6アイボリーのインナーを付けず、土間でコット寝しました。

インナーを付けなければ設営の手間が大幅に軽減されシートなどの携行品を減らすこともできるのでかなり身軽にはなります。

森の中で静かに川のせせらぎを楽しめる冬の道志の森キャンプ場
行こう行こうと思いつつなかなか行けていなかった道志の森キャンプ場に、キャンプを始めてから丸2年経った真冬の2月にやっと行くことができました。 2月の金曜泊だったこともあり、利用者はたったの二組。 貸切状態の中、じっくりと...

ただこのスタイルができるのは虫がいない冬場だけです。

キャンプを始めて慣れてきたとはいえ、やはりまだ虫と共に寝る、というのができるほどワイルドにはなれていません。

寝ている時に蚊が寄ってくることを考えただけで今日はよく眠れなさそうです。

必要なんです、メッシュが。

 

「いや、暖かい季節は家族みんなで行くからいいでしょ」

そんな声がどこからともなく聞こえてきそうですが、上の子が小学校に入学することもありソロ出撃が増えるに違いない、と思い込むことで聞こえなかったことにしようと思います。

 

こんなソロテントが欲しい

では身軽に気軽にソロでキャンプに行くにはどんなテントがいいのかな〜ということで目線をまとめてみました。

 

小さくて設営が簡単

自分だけのために手間ヒマかけるのもアレなんで、なるべく気軽にサクッと張れるものがいいですね。

テントはどんな種類にせよ、サイズが小さくなる分だけ設営がラクになると感じています。

ドームテントは大きくなるとポールが多く長くなりスリーブを通す手間が増えますが、小さいとそれほど負担に感じません。

サイズが小さい時点でくつろぐというより寝る目的が主になるので、居住性はそこまで求めません。

前室もそのためにポールを追加しなくてはいけないぐらいなら不要です。

 

ソロと言いつつ2人ぐらいは眠れるサイズ

ソロ用だからと言って登山をする訳では無いので、そこまでカツカツに小さくなくても構いません。

多少重くても構いません。

むしろたまには娘か息子と2人とかそういう状況があるかもしれないので多少のゆとりはあった方が望ましいと思っています。

インナーのサイズは1.3〜1.5m×2.2〜2.5mぐらいあってもいいですね。

 

吊り下げではなくインナーが自立するタイプ

寒い時期はフライシートを被せて暖かく、暑い時期はインナーだけで涼しく過ごしたいと思っているので、インナーだけで自立して張れるタイプのテントを求めています。

経験上、フライシートを張ってインナーを中に吊り下げるタイプは、かがんだ体勢でインナーを取り付けないといけないのでしんどいと思っています。

逆にフライシートを後で被せるタイプは大きいと手が届かず大変ですが、小型だと簡単に被せられらので、ドームテントの優位性が高まりますね。

極端な話、自立式だと風が無ければペグダウンすら省けるので手間的にもかなり軽減できます。

タープやシェルターにカンガルーする時も設置がやりやすそうです。

 

オールシーズン使える

インナーにメッシュが多く風通しの良い暖かい季節向けと、しっかり防風・防寒できるオールシーズン使えるタイプがあります。

それぞれあれば文句なしですが、それこそ確実に妻に白い目で見られるのでオールシーズン使えるタイプのものが望ましいと思っています。

 

メーカー別にラインナップを挙げてみる

と、求めたい条件はいくつかありますが、すでにある程度検証済みの中から、気になったものをメーカー別に挙げてみたいと思います。

バラバラに各サイトを見比べていると掴みづらいので並べてみた、というのもあります。

 

MSR

みんな大好きMSR?。

MSR=カッコいい的な。

インナー映えする幕の筆頭ですね。

登山向けで品質的に信頼性が高く、価格も妥当な北米のアウトドアメーカーです。

用途に応じた色々なタイプがあります。

 

エリクサー2

最もスタンダードなモデル。

入りやすい価格設定が魅力でメッシュ少なめなので頑張れば平地の冬ならいけるのか、という感じです。

登山用としてはちょっと重め。

フライシートはホワイトとヨーロッパ限定のカーキっぽいグリーンがあります。

 

ハバハバNX

メッシュ面が増えて幕が薄くなり、軽くなりました。

こちらもフライがグリーンのヨーロッパ限定モデルがあります。

 

フリーライト2

3シーズン用の自立式では最も薄くて軽いモデル。

インナーはフルメッシュなので寒がりの私にはこれでは冬はちょっと厳しいな、、。

 

アクセス2

メッシュ面をドアで閉じられるオールシーズン対応のモデルです。

オールシーズン用はフライシートがオレンジです。

 

ガイドラインプロ2

あるじゃないですか、オールシーズンでいい感じのが。

プロの山岳ガイド用に作られたモデルで、よりハードな使用に耐えられる強度が高いスペックになっていますね。

こちらもオレンジのフライシート。

まぁMSRのテントと言えばオレンジのイメージがあるし、雪山で見つけやすいという実用性の高さもあるんだろうけど、あまり好きではない、、。

そして高い、、。

 

THE NORTH FACE

THE NORTH FACEは思っていたより多くのテントラインナップを展開しています。

球体のジオドーム4など特徴的なデザインのテントが有名ですが、普通のテントもちゃんとあります。

 

ホームステッドルーミー2

ノースフェイスのエントリーモデル的なドームテント。

ダブルネームやコラボのバリエーションが色々出ています。

 

トーラス2

ベーシックな小型ドームテント。

軽さや機能など際立って優れているところは見受けられませんがノースフェイスらしいビビッドなイエローで人目を引きそうなデザインですね。

メッシュ面が多いので冬場はちょっと、、。

 

ストームブレーク2

トーラスのアップグレード版的な位置付けのようです。

居住性が高くなりエントランスが広くなるなど機能面でより優れています。

 

マウンテン25

MSRと双璧をなすノースフェイスのインナー映えモデル。

頑丈な作りでオールシーズン対応です。

かなり寒さには強そうですが、縦にエントリーするタイプで前室用にポールを組まなくてはいけないのがちょっと求めているものと違いますね。

フライシートを張ってしまうとカンガルーは難しそうです。

 

ブイイー25

マウンテン25に若干空間的な余裕を持たせたモデル。

とは言えキャンプで3人寝るには適さないレベルです。

 

MOUNTAIN HARD WEAR

アメリカのアウトドアメーカーで名前の通り元々はゴリゴリの登山用ギアがメインでしたが、キャンプも含めたアウトドア全般で使えるギアが揃っています。

 

ゴーストスカイ2

フルメッシュで完全に3シーズンな登山用ドームテント。

MOUNTAIN HARD WEARのライトユースなテントはカラーがモノトーン系で渋めです。

 

パスファインダ2

ノースフェイスのマウンテン25と同じくエントリーが縦型ですね。

局地用のテントは縦のエントリーが多い傾向にあるので実用面で意味があるんでしょうね。

ファミリーキャンパーの私にはわかりませんがどなたか教えていただけませんか?

 

SlingFin

2018年に立ち上がった後発のテントメーカー。

後発だけに、これまでに培われたテクノロジーを詰め込んだ機能性の高さが売り。

 

クロスボウ2

SlingFinの代表的なモデル。

フルメッシュとオールシーズン対応の2つのインナーがあり、切り替えて使うことができます。

 

Helinox

機能性が高いギアで快進撃を続けるHelinox。

テントも充実してますます本腰を入れてきた模様。

 

アルパインドーム2P

2019年にドドっと新作を発表して盛り上がっていますがあえての旧型チョイスです。

単純に今回求めているのは小型のドームテントなので。

フライシートの基本カラーは黒ですが、タクティカルのマルチカム柄やWMBCとのコラボモデルなど、選択の幅があります。

在庫があるかどうかは別として、、。

WMBCモデル買っておけば良かったな。

 

NEMO Equipment

中型シェルターのヘキサライト6Pが大人気のNEMO Equipment。

ニーモのヘキサライト6Pで冬キャンプのシェルター効果を体感
テントの外で過ごす際、夏場は日除けや雨除けとして大いに活躍してくれたオープンタープですが、寒くなってくると位置付けがちょっと変わってきました。 冬場に考えなければいけないのは日除けではなく、風除けだったんです。 ...

全般的に価格設定が抑えめなのが嬉しいところ。

登山向けの小型ドームテントのラインナップも充実しています。

 

タニ2P

2本のポールでシンプルに無駄を省いた山岳用テント。

フライシートは薄手のシルナイロンで、総重量は1kgに迫る軽さです。

 

アトム2P

タニより若干スペックダウンしたエントリーモデル。

その分、価格もお求めやすくなっています。

エントランスの形があまり好みではない。

 

ギャラクシーストーム2P

幕が厚く重さもあるためよりキャンプ向けな位置付けのエントリーモデル。

価格的にも入りやすい。

 

HILLEBERG

山岳テントの最高峰的なHILLEBERGさん。

北欧はスウェーデンから来ているので寒冷地での使用に関しては安心感がありますね。

それだけに夏場は熱がこもりそうで不向きなイメージ。

高級テントなので全ラインナップお財布には優しくない。

 

アラック

トンネル型をメインとするHILLEBERGの中であえての自立式ドームチョイスです。

HILLEBERGは標準ではフライシートが自立してインナーを吊り下げるタイプですが、オプションでフルメッシュインナーがありそれだけで自立させることもできます。

ただし、HILLEBERG感はゼロ。。

 

スタイカ

アラックの上位的な位置付けのスタイカ。

ポール強度や幕の強さが増した、より過酷な環境に挑むためのものです。

ファミリーキャンプには完全にオーバースペックです。

まぁでも持ってたらカッコイイ。

 

ZEROGRAM

ZEROGRAMは基本インナー吊り下げタイプなので条件に合っていませんが、気になっているので取り上げたかっただけです。

高機能なULテントでテントらしからぬカラバリが個性的な印象を受けます。

デザイン性が高いですね。

 

エル チャルテン2P

ZEROGRAMのテントはフライシート自体が吊り下げという珍しいタイプです。

インナーはあらかじめフライシートに取り付けられているため、設営撤収にかかる時間はなんと3分。

新作のPCT UL2というモデルはインナーだけで自立するタイプになっています。

フルメッシュですけど。

 

mont-bell

モンベルにも条件に合うラインナップが揃っていました。

機能性の高さには定評がある、安心の国内メーカーです。

 

ステラリッジテント

モンベルの登山向け定番テントのひとつで、サイズバリエーションが豊富です。

フライシートが別売でカラバリがあるというのが面白いですね。

軽さ、機能、買いやすさのいずれもが上位クラスの良コスパなひと幕です。

個人的にはよりシンプルでスタイリッシュなデザインのルナドームが好みですが。

 

検証の結果やいかに?

並べたおかげでだいぶ比較しやすくなったので、いよいよ本腰を入れて検討段階に進めます。

価格、重量、サイズ、幕の素材と厚さぐらいのスペック表もあった方がわかりやすそうだな。

時間がある時にやるとします。

ソロ用テントの候補がドームしかない訳ではなく他にも魅力的なテントはたくさんあるんですが、持っているギアとの兼ね合いや使い回しやすさからまずはドームにしておくのが無難かな、と。

 

 

ではまた。

Have a good camp.

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました