自然を感じるキャンプ場ワイルドフィールズおじかに行ってきた

記念すべき我が家のファーストファミリーキャンプに選んだキャンプ場は、栃木県那須にある「ワイルドフィールズおじか」でした。

ワイルドフィールズおじかはアウトドアショップのWILD-1が運営しているキャンプ場です。

施設の様子

着きました。入り口から見た景色です。

ここから先はクルマの乗り入れ禁止です。

到着前の最後の10分間ぐらい走ってきた道はこんな感じです。

クルマは一台しか通れず細いので慎重に運転しないと危険です。

幸い行きも帰りも対向車が来なかったので助かりましたが、鉢合わせるとどちらかがたまにあるすれ違いポイントまでバックしないといけなくなりますね。

もう四月の下旬に差し掛かりましたが、管理人の方に伺ったところ先週までまだ雪が残っていたそうなので、年によってはチェーンなどクルマの雪対策も必要かもしれません。

駐車場です。

管理棟です。

ここにシャワー室とトイレがあって、ギアのレンタルもできます。

トイレです。

あったかくてキレイでした。

個室のひとつはウォシュレット付きでしたね。

オートキャンプではないので駐車場からサイトまで荷物を運ばなくてはいけないんですが、台車を借りることができます。

カートが無くてもひとまずは問題ありませんが、台数に限りがあるので撤収時は出払ってしまうことがあります。

管理棟の前には池があって、駐車場から池越しに区画サイトを見るとこんな感じです。

区画ごとの距離があるのでゆとりを持って過ごせそうですね。

そもそも区画は8つしか無くて、クルマの乗り入れもできないので、利用者が静かにくつろいで過ごせるように、という施設側の配慮が感じられます。

カヌーの体験ができるのかな??

これが駐車場からフリーサイトへ続く道です。

わりと距離がありそうですね。(^^;;

道沿いの左手にはコテージが並んでいます。

サイトの様子

さて、カートを引きつつフリーサイトエリアに着きました。

駐車場から1〜2分ぐらいかな。

この道の左手がフリーエリアで、この右手のスペースは利用者が自由に使える広場なんです。

なんというゆとりの設計。

このすぐ真左あたりに炊事棟があって、そこにトイレがあるので、わざわざ管理棟まで戻る必要はありません。

1分以内にトイレまで行けます。

こちらがフリーエリアです。

フリーエリアと言っても、大きめの区画が3つあって、それぞれ2〜3張りまでしか受け付けていないようなので、ゆったりと過ごせます。

早く着いたはずなのにすでに張り終えてるグループがいたので、チェックインより早くても全然問題なさそうですね。

手前から9、10、11と3つのフリーサイトがあって、我々は真ん中の10番を2張りで貸切です。

贅沢ですねぇ。

サイトの向こうは森です。

地面は芝生ですが、チラホラ石が混ざっているのが見えます。

実際、ペグを打ち込む時は、度々石に当たって打ち直しまして、撤収時に抜いた時に一本のペグは先が丸くなっていました。。。

鍛造ペグが欲しいなぁ。

広いですね〜。

これがサイト側から見た広場ビューです。

見渡す限り、山です。

周りはぐるっと山々に囲まれてて本当に自然を感じることができます。

広場の向こう側には川が流れていて、利用客の中にも釣りを楽しんでいる方々がいました。

キャンプの様子

着いたのがお昼過ぎで、そこから設営を始めたので、張り終える頃にはもう15時は回っていたと思います。

設営後のホッとひと息タイム。

くつろいでいるのは会社で後輩、キャンプで先輩のS君です。

タトンカのタープを挟んで奥がS君所有のSibley400、手前が我が家のSibley450を向かい合わせて張っています。

ほどなく夕食タイムなので、焚き火の準備を始めました。

おろしたてのスノーピーク焚き火台がついにその役目を果たしています。笑

お腹が減っていたのでそのまま流れで調理を始めました。

つまみのソーセージのスライスチーズ&餃子の皮巻き。

夜のコーヒーくつろぎタイム。

S君のルミエールランタンがいい雰囲気を醸し出していますねぇ。

夜の八時過ぎごろで気温は約8℃ぐらいでした。

この日は最高気温が15℃で最低気温が1℃と、関東平野部のほぼ真冬の寒さです。

4月のおじかはまだ相当寒いのでしっかりした装備が必要です。

テントの中をヒーターであたため、寝る時は私と妻はダウンを着込んでインナーもしっかり着て寝ました。

朝はホットサンドとコーヒーでまったり。

また改めて、もう少し暖かい時期に来たいなぁ。

カエルのお見送り付き。

ワイルドフィールズおじか

料金は一人1,000円で、3歳未満の子供は無料ですが、子供も同一料金です。

申し込み後、料金を銀行振込で前払いをして、予約が完了になります。

チェックインが14時、チェックアウトが11時となっていますが、混み合っていない時は早めに入っても大目に見てくれるようです。

我々も12時半頃に到着しましたが特に追加料金は発生しませんでした。

日留賀岳、男鹿岳を望み男鹿川が流れる高原の貸別荘コテージアウトドアキャンプ場。自然を愛する気持ちがやすらぎの時間を求め、木々の中にうもれし山里へと誘う・・・

東北自動車道西那須野塩原ICから40分ぐらいかかったと思います。

高速を降りてからがけっこうかかりましたね。

その分、綺麗な星や大自然が満喫できるので、静かに自然を楽しみたい方にはオススメです。

まだはじめてもいないのに、窮屈で騒がしいところはいやだなぁと思っていたところで、いきなり最初からとても良い条件のキャンプ場に巡り会えました。

キャンプ場までの通り沿いに日帰り温泉施設がたくさんあるので、帰りに気軽に立ち寄ることができます。

我が家も息子が寝ている隙に妻と娘はさっぱりしてきたようです。

私はクルマで留守番してました。。

ついでに、、西那須野塩原ICからさほど遠くないところにチーズガーデンの本店があったので帰りにお土産に買ってきました。

那須で人気のお土産『御用邸チーズケーキ』や各種チーズケーキ、チーズガーデンならではの焼菓子の製造・販売を行っております

ソラマチにもお店があります。

よかったらこちらもどうぞ。

ではまた。

Have a good camp.

スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ
ページ下レスポンシブ
スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ