山中湖の湖畔で水遊びも楽しめる林間キャンプ場「the 508」(旧:撫岳荘キャンプ場)

the 508

 富士五湖の一つである山中湖の湖畔にある「the 508」は、70年以上の歴史がある老舗のキャンプ場。手が入り過ぎていない林間のフィールドがメインですが、キャンプ場の前にある水辺で、水遊びやカヤック、SUPなどを楽しむこともでき、色々な楽しみ方ができるキャンプ場です。

スポンサーリンク

the 508(旧:撫岳荘キャンプ場)

the 508

 the 508は元々は撫岳荘キャンプ場という名前で営業していましたが、2020年にthe 508として装い新たに生まれ変わりました。

the 508

 昭和モダンな風情を感じるセンターハウスには、受付の他にリノベーションされたカフェも併設。宿泊できる客室もあります。

 内装はオーナーさんの手によってフルリノベーションされていて、とても良い雰囲気です。

サイトフリーサイト(約50サイト)
イン・アウト12:00〜11:00
電源無し
入浴施設共用風呂
ペット小型可
料金基本料:3,300円(土曜休前日:4,950円)※車1台5名まで
※普通車
大人1名:1,210円
小学生以上1名:550円
the 508 | CAMP CAFE BBQ INN | – 富士山 山中湖畔のキャンプ場 リノベカフェ

山中湖と富士山を楽しめるロケーション

the 508

 センターハウスの目の前が山中湖で、道路を渡ってすぐ水際まで行くことができます。キャンプ場利用者であれば、ここでカヤックやSUPなどで楽しむことが可能。

the 508

 天気が良ければ、湖畔からは富士山が一望できる抜群のロケーションの良さ。

林間フリーサイトの様子

the 508

 the 508のサイトは約50組ほどが入れるフリーサイト。先着順に設営場所を選ぶことができます。

the 508

 センターハウスの裏側の斜面にフィールドが広がっていて、受付を済ませたら建物の左手からサイトに進んでいきます。

the 508

 こちらが場内マップ。場内には特徴が異なるいくつかのサイトがあります。

the 508

 最も広いスペースを占めているBサイト。センターハウスのすぐ裏手側にあります。

 傾斜しているところが多く、木立の間隔も近いため、大きな幕で広々と設営するのにはあまり向いていません。

the 508

 一部、このように平坦で開けているところもありますが、数に限りがあるため繁忙期に確保するのは簡単ではありません。チェックイン時間が遅いと平坦なところを確保するのはほぼ不可能でしょう。

 フィールドの大半は土の地面で、土が剥き出しのところでは直火での焚き火ができます。

the 508

 冬場は葉が落ちてある程度視界が広がりますが、夏場は鬱蒼とした林間の感じになります。

the 508

 Bサイトの上にある、B-2サイト。ここは開けた広場のような平坦なスペースになっています。林間ぽさは薄まりますが、設営のしやすさではこちらがおすすめ。

the 508

 広場には水場もあるので、何かと便利なサイトです。グループでの利用の時は、このスペースを使うのが過ごしやすそうですね。

the 508

 広場の上の方に張ることもできますが、車は入れないので、必然的にハンモックや小型テントのようなUL装備の方向けになります。

the 508

 センターハウスの横にある、道路に面したCサイト。B-2サイトのようにわりと平坦で、トイレと水場、ゴミ捨て場が間近にあるので便利ではありますが、建物や車の往来が見えるので雰囲気的にはイマイチかもしれません。

 まだ準備中ですがマップ右側のエリアのA-2サイト。ここも傾斜が多く木が密集しているので小型テントやハンモックの方におすすめの場所です。

the 508

 場内の車路は一方通行なのでご注意ください。また、道が荒いので、車高が低い車は不向きです。

場内設備について

the 508

 トイレは場内に2ヶ所あり、設備的には可もなく不可もなく平均的なトイレです。

the 508

 水場は数は多めにありますが、古くからあるキャンプ場なので、それなりに時代を感じる佇まいです。

the 508

 センターハウスとフィールドの間ぐらいにゴミ捨て場があり、分別してゴミ捨てできます。燃え残った灰もここに捨てられます。

カフェ

the 508

 センターハウスにあるカフェでは、オリジナル焙煎の本格的なコーヒーを飲むことができます。

 炭や薪などのキャンプで使う備品だけでなく、オーナーさんによってセレクトされた小物やオリジナルグッズも販売されています。

山中湖の湖畔で水遊び

the 508

 追加の料金がかかりますが、1日1組限定で、山中湖の湖畔でキャンプをすることもできます。砂地で地面が柔らかくペグが効きづらいため、オープンタープのような風に煽られやすいものを設営する場合は、40cmクラスのしっかりしたペグが必要。

 また、車の乗り入れはできますが、スタックしやすいので注意しましょう。四駆じゃない場合、水際まで乗り入れない方が無難です。

the 508

 貸切状態で過ごす水辺のキャンプは、最高の気分です。水遊びの時は必ずライフジャケットをして、安全にキャンプを楽しみましょう。

ではまた。

Have a good camp.

コメント

タイトルとURLをコピーしました