ギア運びの負担を軽減するアウトドア用キャリーカートを比較してみた

他の記事でご紹介した通り、我が家のテントは重さが35kgもある(インナーテントとポールも含めるともっとある)ので、駐車場が遠いなど、なんらかの事情で長い距離を運ばないといけなくなると、確実に、、、

撃沈します。。。

今のところ、自宅のキャンプ道具置き場が確保できておらず、普段は二階の空き部屋に置いているのですが、積み込む時はおそるおそる階段を降り、戻す時はゼーゼー言いながら登っている次第です。。

焚き火台も重いし、そもそもキャンプ道具は盛りだくさんなので、運搬用のカートを持ってて損はないな、ということになりました。

運び終わってキャンプが始まったら、荷物を置いたり、子供を載せて遊んだり、他にも活躍しますしね。(使用方法については自己責任でお願いします。)

カート選びのポイント

我が家では下記の点を主に意識して比較しました。

大きさ

トランクいっぱいぐらいの荷物があるわけですから、基本、サイズは大きい方がいいですよね。でも大きいからといって積みすぎるとそれはそれで運ぶの大変です。

耐荷重

調べたところ、60kg〜100kgぐらいの幅があります。

もちろん耐荷重は大きいに越したことはないんですが、実際のところ重さと容積は比例することを踏まえると、市販されているカートの容積でファミリーキャンプで使うようなギアを載せて100kgに到達することはほぼ無いと見ています。

ただ、60kgだと、重いクーラーボックスにパンパンに詰めたものや金属系の重いギア、パーツを含めて満杯に積むと、オーバーしてしまう可能性はありそうですね。

童心に返った成人男性をカートで運ぶとかいう、無駄な遊びさえしなければ、80kgもあれば充分すぎるぐらいでしょう。(^^;;

タイヤ

屋外で使うものなので、タイヤの良し悪しは使い勝手に大きく影響します。

基本的には径が大きいタイヤの方が悪路に強いですね。

大きすぎるとかさばるという難点もありますが。

ストッパーもあると役に立ちます。

ハンドル

大きく分けて、一本で引っ張るタイプと、スーパーのカートのようにバーのようになっているタイプがあります。

一本タイプは引っ張る専用で押すのは厳しいですが、ショッピングカートタイプであれば押すこともできます。

引っ張り専用の一本タイプは下り坂の扱いが難しそうですね。

コールマンアウトドアワゴン

とにかく重いテントを運ばなくてはいけないため、一番重視したのは耐荷重です。

アウトドアワゴンは耐荷重が100kgなので、テントを載せてもさらに余裕で積めます。

まぁご覧の通り入りきっていないので容積的には余裕は無いですし、そこまで載せることもあまり無さそうでしたが、、。

そして私の好きな赤のボディカラー。

テントやファニチャーはあまり色味が無いので、ひときわ目を引きます。

タイヤはそこまで分厚くもなく標準的なサイズですが、取り回しは快適ですし、よほどの悪路でない限りは大丈夫そうです。ホイールの回転もスムーズです。

平地では関係無いですが、前輪にストッパーが付いているので、勾配があるところでは役に立ちます。

ストッパーの意外な効果を感じたのが、子供が乗って遊んでいるときに、グラグラしてすっ転ぶのを防止できる、という利点がありました。

もうね、すぐに乗りますよ、チビたちは(笑)。

タテヨコ縮めて専用カバーで収納できるので、持ち運びの際はかなりコンパクトなサイズにできます。

実際に写真をご覧いただくとよくわかるかと。

使用時はこうなって、

たたんだ状態はこんな感じです。ハンドルも半分ぐらいに縮まります。

たたむ時は、カート底面中心部にある持ち手を引き上げるだけで、四輪が中心に集まって簡単にたためます。

たたんだ状態でも自立します。

底面に敷くパッドが付属されているので、それを敷いておけば荷物をしっかり支えてくれます。

自重が11kgほどあるので持ち上げるとそこそこ重いですね。

定価は12,744円ですが、1万円前後ぐらいが相場です。

検討したカートラインナップ

Logos / キャリートラック

ひと目でLOGOSとわかる配色が特徴です。可愛らしさ満点で女子力高めですね。

耐荷重は80kgで充分なクラスです。

たたむ時は前後に縮まって、ペタンと薄くなります。

アウトプットライフ / グランデキャリーワゴン

見た目通り、耐荷重は100kgと充分な積載量。

なんと言ってもタイヤの大きさが特徴で、デコボコした道でもしっかり進めそうですね。

ドッペルギャンガー / アウトドアキャリーワゴン

これはベース車体はコールマンと同じっぽいですね。耐荷重は100kgですし。

いろんなカラバリがあって、着せかえできます。

レイチェル / オフロードキャリアワゴン

ブラック/レッドのカラーがアーバンな雰囲気でカッコいいですね。ベージュ系のカラバリもあります。

耐荷重は60kgと少なめです。小物入れのポケットが複数ついているので便利です。タイヤの径は小さいんですが、極太なので安定感がありそうですね。

たたむ時は前後折りたたむ感じでペタンと薄くなります。

出典:http://www.e-otomo.co.jp/

ニュートラルアウトドア / オフロードキャリアワゴン

おしゃれ系ですね。これってレイチェルのOEMだと思うんですけどね、スペックは同じです。色味がホワイト系に統一されクールさを醸し出しています。

ではまた。

Have a good camp.


【ベルメゾンネット】レジャー・アウトドア・カー用品はコチラ

スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ
ページ下レスポンシブ
スポンサーリンク
ページ下レスポンシブ